【文化】命日に第43回逍遥忌記念祭 熱海ゆかりの文豪の遺徳をしのぶ 

 

 

晩年を熱海で過ごした小説家坪内逍遥の功績をたたえる「第43回逍遥忌記念祭」が命日にあたる28日、起雲閣音楽サロンで開かれた。

式典では斉藤栄市長、西島幹人熱海稲門会(早稲田大学OB会)会長、岡室美奈子早大坪内博士記念演劇博物館館長がお慕いのことばを奉読した。

逍遥のおいの娘で、同博物館特別顧問の女優坪内ミキ子さんも出席した。

高橋幸雄市議会議長のあいさつに続いて、坪内逍遥のうた保存会が「としのはじめ」「開いた開いた」などを披露し、出席者全員で逍遥が作詞した「熱海市歌」を斉唱した。

記念講演では児玉竜一早大文学学術院教授が「坪内逍遥とシェークスピア受容-翻訳と朗読-」をテーマに話し、逍遥をしのんだ。

式終了後、多くの出席者が逍遥が眠る海蔵寺へ移動、墓参した。

(熱海ネット新聞)

◇逍遥と熱海 明治45年に糸川沿いに別荘を構え、昭和10年に大正9年から15年間過ごした市内水口町の双姉舎(逍遥の私邸)で77歳で没した。翌年から命日には近親者や市、熱海稲門会の有志が追悼行事を実施。熱海市歌を作詞、図書館の創設に尽力するなど市の文化振興に大きな功績を残した。

奉読

◇熱海市歌 作詞:坪内逍遥 作曲:弘田龍太郎

一. 真冬を知らざる常春熱海 真夏も涼しき秋の海辺に 千歳を湧き湧くくすしきいで湯 病めるも怠り憂いも忘る ああこの楽土は我が住む町
ニ. 貴賤をわかたず東西とわず 喜び迎えてともに楽しむ 進める文化になす業しげく 疲るゝ人々来ませやここへ わがこの熱海は共有国宝
三. 真冬を知らざる常春熱海 真夏も涼しき秋の海辺の くすしきいで湯は世界に知られ 万里の涯より千客いたる わがこの熱海は世界の公園

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-15

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 ともに無症状、50歳代男性と高齢者

    静岡県は1月15日、熱海市に住む50歳代男性と高齢者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感染…
  2. 2021-1-15

    あたみ桜の蜜を求め、メジロが飛来 「糸川桜まつり」開幕から1週間 

    熱海市は1月13日現在のあたみ桜の開花状況を発表した。「あたみ桜糸川桜まつり」(〜2月7日…
  3. 2021-1-14

    富士山も祝福 熱海富士、寄り倒しで2勝目 熱海市の滝知山展望台が名所に  

    大相撲初場所は1月14日、東京・両国国技館で5日目の取組が行われ、熱海市出身で東序ノ口25…
  4. 2021-1-14

    熱海市で5人のコロナ感染確認 3人は未成年者、2人は高齢でない成人

    静岡県は1月14日、熱海市に住む5人の新型コロナウイルス感染を新たに確認した、と発表した。このうち…
ページ上部へ戻る