【文化】囲碁・棋聖戦第5局、山下九段が勝ち2勝3敗に 熱海後楽園ホテル

 

 

井山裕太棋聖(24)に山下敬吾九段(35)が挑戦する囲碁の第38期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)の第5局が熱海後楽園ホテルで行われ、2日目の27日午後7時59分、山下九段が315手で先番3目半勝ちした。
通算成績は2勝3敗となった。
第6局は3月12日から、新潟県南魚沼市の「龍言」で行われる。

 

この日は午後2時から終局まで同ホテルタワー館3F愛鷹で「第5局大盤解説会」が開催され、100人を超す囲碁愛好家が市内外から駆け付け、後藤俊牛9段の解説(聞き手は知念かおり4段)に聞き入った。

(熱海ネット新聞)

 

IMAG3124

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-15

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 ともに無症状、50歳代男性と高齢者

  2. 2021-1-15

    あたみ桜の蜜を求め、メジロが飛来 「糸川桜まつり」開幕から1週間 

  3. 2021-1-14

    富士山も祝福 熱海富士、寄り倒しで2勝目 熱海市の滝知山展望台が名所に  

  4. 2021-1-14

    熱海市で5人のコロナ感染確認 3人は未成年者、2人は高齢でない成人

ページ上部へ戻る