【文化】囲碁・棋聖戦第5局、山下九段が勝ち2勝3敗に 熱海後楽園ホテル

 

 

井山裕太棋聖(24)に山下敬吾九段(35)が挑戦する囲碁の第38期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)の第5局が熱海後楽園ホテルで行われ、2日目の27日午後7時59分、山下九段が315手で先番3目半勝ちした。
通算成績は2勝3敗となった。
第6局は3月12日から、新潟県南魚沼市の「龍言」で行われる。

 

この日は午後2時から終局まで同ホテルタワー館3F愛鷹で「第5局大盤解説会」が開催され、100人を超す囲碁愛好家が市内外から駆け付け、後藤俊牛9段の解説(聞き手は知念かおり4段)に聞き入った。

(熱海ネット新聞)

 

IMAG3124

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-4-23

    【熱海の花】春ウララ、海風に揺れる紫と白のフジ棚が見頃 サンレモ公園

    例年、ゴールデンウィークに見ごろを迎えるサンレモ公園(熱海市和田浜南町)のフジが例年より少し…
  2. 2017-4-22

    【編集室】渚町をアートで彩れ! リノベーションの起爆剤に作品展

    熱海市渚町のリノベーション賃貸物件「nagisArt(ナギサート)」で4月21~23日、市内外の…
  3. 2017-4-22

    【イベント】クラシックカー、伊豆半島駆ける 熱海起点にラリー車34台

    全国のクラシックカー愛好者が伊豆半島の山あいや海辺を2日間かけて約240kmのルートをたどる公道…
  4. 2017-4-22

    【イベント】チア全米一 日大三島「ピンキーチェリーズ」、熱海にエール

    高齢者専用マンション「中銀ライフケア」を運営する中銀インテグレーションは4月22日、熱海市の渚親…
ページ上部へ戻る