【文化】建築家ブルーノ・タウト深紅の情熱展 起雲閣

 NPO法人日向家熱海別邸保存会は19日、起雲閣2階ギャラリーで「世界遺産の建築家ブルーノ・タウト−深紅の情熱展」を開催した。

 旧日向別邸の地下室と、それを設計したドイツの建築家ブルーノ・タウトに関する資料などを展示し、保存会のメンバーが紹介した。熱海の名建築の資料や、昭和の熱海、多賀の写真も展示され、多くの市民や観光客が見入っていた。

◇旧日向別邸 ドイツ人建築家ブルーノ・タウトが日本に残した唯一現存する建築。重要文化財。 アジア貿易で活躍した日向利兵衛が昭和8年、熱海春日町に 温泉付分譲地を購入し、昭和9年から昭和11年にかけて建てた別邸。昭和27年からは民間企業の保養所として使用されてきたが、平成16年、東京在住の女性の寄付を受け、熱海市が取得した。

 写真

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-3

    標高500mで凛と咲く…姫の沢公園で水仙が見頃 本格的な春の訪れ 

    熱海市の姫の沢公園公園でひときわ目立つ黄色い水仙(スイセン)や鈴蘭(スズラン)のような白い…
  2. 2021-3-3

    熱海市で新たに1人がコロナ感染、高齢でない成人男性 3月3日

    静岡県は3月3日、熱海市に住む高齢でない成人男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱…
  3. 2021-3-3

    3月9、10日に市議会「一般質問」 副市長2人制やコロナ諸問題で論戦 

    熱海市議会2月定例会は3月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と高橋幸雄氏を除く…
  4. 2021-3-3

    熱海市長の施政方針 「ピンチをチャンスに変え、反転攻勢に向けた施策」全掲

    熱海市は市議会2月定例会に180億300万円の新年度一般会計当初予算案を上程した。市長は「回復から…
ページ上部へ戻る