【文化】建築家ブルーノ・タウト深紅の情熱展 起雲閣

 NPO法人日向家熱海別邸保存会は19日、起雲閣2階ギャラリーで「世界遺産の建築家ブルーノ・タウト−深紅の情熱展」を開催した。

 旧日向別邸の地下室と、それを設計したドイツの建築家ブルーノ・タウトに関する資料などを展示し、保存会のメンバーが紹介した。熱海の名建築の資料や、昭和の熱海、多賀の写真も展示され、多くの市民や観光客が見入っていた。

◇旧日向別邸 ドイツ人建築家ブルーノ・タウトが日本に残した唯一現存する建築。重要文化財。 アジア貿易で活躍した日向利兵衛が昭和8年、熱海春日町に 温泉付分譲地を購入し、昭和9年から昭和11年にかけて建てた別邸。昭和27年からは民間企業の保養所として使用されてきたが、平成16年、東京在住の女性の寄付を受け、熱海市が取得した。

 写真

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-17

    熱海市で「百八体流灯祭•送り火」3年ぶり全面点火も深刻な担い手不足

    熱海市のお盆の伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時から長浜海岸で…
  2. 2022-8-17

    「伊豆山復興」祈り込め、熱海・長浜海岸で灯籠流し 

    熱海市の長浜海岸で8月16日夜、お盆の風物詩「灯籠流し」が行われた。多賀湾に400個の淡い光…
  3. 2022-8-17

    網代温泉海上花火大会に1万人 2年ぶりのお盆開催 夏の風物詩が復活

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時30分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会主催)が開…
  4. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
ページ上部へ戻る