【文化】歌人・佐佐木信綱の没後50年 凌寒荘で遺徳をしのぶ献歌

国文学者で特に「万葉集」の研究者として優れた業績を残した歌人・佐佐木信綱(1872〜1963年)の命日の2日、信綱が晩年を過ごした熱海市西山町の「凌寒荘」で「信綱忌・没後50年 短歌の花束」が催された。10年前から凌寒荘の管理・運営に携わる「凌寒会」(松井千也子会長)の会員らが集まり、遺影の前で献歌を行い信綱の遺徳をしのんだ。信綱のひ孫で歌人の大野道夫さん(57)、佐佐木頼綱さん(34)も出席した。

信綱は、この別荘に昭和19年、72歳のときに病後の保養のために転居、熱海の風光を愛し、永眠するまで19年をこの地で過ごした。熱海在住中に歌集「山と水と」などを著した。凌寒荘には、歌集「思ひ草」の一首を刻んだ歌碑がある。

◇佐佐木信綱 明治5年三重県で生まれ、13歳で東京帝国大学文科大学古典科に入学、 以後、国文学者・歌人として活躍。

凌2佐々木信綱

 凌寒荘と佐佐木信綱

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-23

    秋の夜空に3千発 4連休最終日、熱海秋季海上花火大会 ホテルは満室

    秋の4連休最終日の9月22日、熱海湾で熱海海上花火大会の秋季シリーズが開幕した。台風12号…
  2. 2020-9-23

    イベント緩和 南熱海ロングビーチガールズ、長浜特設市でフラダンス披露 

    熱海市上多賀の長浜海浜公園・うみみえ~る長浜で9月22日、地元のフラグループ「南熱海ロング…
  3. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  4. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
ページ上部へ戻る