【文化】歌人・佐佐木信綱の没後50年 凌寒荘で遺徳をしのぶ献歌

国文学者で特に「万葉集」の研究者として優れた業績を残した歌人・佐佐木信綱(1872〜1963年)の命日の2日、信綱が晩年を過ごした熱海市西山町の「凌寒荘」で「信綱忌・没後50年 短歌の花束」が催された。10年前から凌寒荘の管理・運営に携わる「凌寒会」(松井千也子会長)の会員らが集まり、遺影の前で献歌を行い信綱の遺徳をしのんだ。信綱のひ孫で歌人の大野道夫さん(57)、佐佐木頼綱さん(34)も出席した。

信綱は、この別荘に昭和19年、72歳のときに病後の保養のために転居、熱海の風光を愛し、永眠するまで19年をこの地で過ごした。熱海在住中に歌集「山と水と」などを著した。凌寒荘には、歌集「思ひ草」の一首を刻んだ歌碑がある。

◇佐佐木信綱 明治5年三重県で生まれ、13歳で東京帝国大学文科大学古典科に入学、 以後、国文学者・歌人として活躍。

凌2佐々木信綱

 凌寒荘と佐佐木信綱

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る