【文化】熱海在住の高橋明彦上智大教授が「ゲーテ」の特別講演会 

上智大学教授でドイツの古典文学が専門の高橋明彦さんが16日、熱海市立図書館5階会議室で「ゲーテのファウスト」をテーマに特別講演会を開いた。
ゲーテが人生の長い年月をかけて完成させた「ファウスト」のうち、グレートヒエンの2曲について話し、ドイツの古典的文学を分かりやすく解説した。シューベルトの歌曲やロマン主義を代表する画家のひとりドロクロアの石版画(リトグラフ)、手塚治虫の漫画などの話も織り交ぜ、満席となる60人超の市民が熱心に聴き入った。
高橋教授は2006年から熱海に住み、著書「ゲーテ『イタリア紀行』の光と翳」(2011年、青土社)を寄贈したのがきっかけとなって今回の特別講演会(熱海市教育委員会主催)が開かれた。
市立図書館では、これまで熱海市の歴史などについての講演会は行ってきたが、今回のように専門的なテーマに絞った特別講演会は初めて。どれだけ市民の興味を引くか興味深く見守っていたが、たちまち満席となり、急きょ、椅子を追加するほどの盛況ぶり。
熱海には海外の古典的文学に興味を持つ知的高齢者が思いの外多いことが分かった。
(編集主幹・松本洋二)

高橋明彦上智大教授

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    人気ユーチューバー佐藤ひとみさん、熱海市に30万円寄付 愛のサークルリンク

    コロナ禍などによる生活困窮者の食糧支援に取り組む一般財団法人愛のサークルリンク(佐藤ひとみ代表)は…
  2. 2021-1-18

    熱海市で高齢者男性1人がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は1月18日、熱海市に住む高齢の男性(熱海市83例目、県3876例目)の新型コロナウイルス感…
  3. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  4. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
ページ上部へ戻る