【社寺】「ワッショイ、ワッショイ」御鳳輦、威勢の良く巡行/伊豆山神社厄年奉賛会



伊豆山、来宮、今宮3神社の厄年奉賛会の先陣を切って「伊豆山巽剛一會(たつみごういちかい)」(小松剛正会長)が4月15日、伊豆山神社例大祭で御鳳輦(ごほうれん)を担ぎ、ご神幸行列を盛り上げた。江戸時代から続く伝統の「石段下り」では、黒帽子に深い緑色の装束をまとった42歳の厄年を迎えた男衆たちが、「ワッショイ、ワッショイ」と威勢の良い掛け声を上げながら勇壮に歩みを進め、海岸近くの下宮(しもみや)を目指した。厄年奉賛会の会員の地元町内ではそれぞれが万歳を三唱。会員や町内会の人たちから祝福を受けた。
■伊豆山温泉のホテル・旅館街でも威勢良く
7月15、16日に来宮神社例大祭で御鳳輦を担ぐ「来宮辰巳會(きのみやたつみかい)」(川本数章)、10月19、20日の今宮神社例大祭で御鳳輦を担ぐ「今宮和田奉十絆(ぶじゅう)會」(薄井勇会長)の会員たちが応援に駆け付け、国道135号線沿い伊豆山温泉のホテル・旅館街を威勢良く練った。氏子地域を巡行し、商売繁盛と家内安全を祈願、厄よけを祈念した。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■御鳳輦(ごほうれん)大厄の42歳を迎える男子が節分から翌年の節分まで氏神様に仕え、ご奉仕することで厄を逃れる。伊豆山神社厄年奉賛会として代々引き継がれている。平成30年度は昭和51年4月2日~52年4月1日生まれの伊豆山小の卒業生で構成。


伊豆山巽剛一會(たつみごういちかい)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-27

    熱海市の新規コロナ感染者22人 県内では過去最多を3日連続更新=1月27日

    静岡県と熱海市は1月27日、熱海市で22人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  2. 2022-1-27

    「まん延防止」適用の酒類販売と時短、30日までは準備期間で通常営業

    新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の適用を受け、静岡県はきょう1月27日から人流抑制のため飲食店…
  3. 2022-1-27

    熱海市内の小学校児童と保育園児がコロナ感染 学年及びクラス閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月27日、市内の小学校1校の児童1人と保育園1園の園児1人の新型コロナウイルスの…
  4. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 きょう27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
ページ上部へ戻る