【桜】熱海をどりまで1カ月、芸妓見番前の「枝垂れ桜」が満開 

初川を挟んで熱海芸妓見番歌舞練場の対岸に植えられた2本の枝垂れ桜が満開を迎えた。歌舞練場では、芸妓衆が1カ月後に迫った「第26回熱海をどり」(4月28、29日)の稽古を続け、川面に流れ落ちる桜花と行き交う芸妓衆の姿が、熱海ならではの情緒を醸しだしている。
今年の演題は長唄 「伊勢参宮」(いせまいり) 、常磐津 端唄 俗曲 「福来寄せ玉手箱」(ふきよせたまてばこ)に決まった。

DSC_3354ss (1)DSC_3353ssDSC_3352ss見番さくら熱海をどりぱんふ

今年の熱海をどりの演目

zenninn

昨年の熱海をどり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-5-26

    小山臨海公園に魂の鼓動、響く 南あたみ和太鼓まつりに6団体

    和太鼓を通じて、地域活性化の活動を続ける「網代おやじの会」(聞間秀人会長)は5月26日、熱海…
  2. 2019-5-26

    千歳川の河川清掃、1・5トンのゴミを回収 熱海市泉の3町内会など85人

    熱海市と泉地区の3町内会(泉中沢、泉五軒町、泉本区)は5月26日、神奈川県湯河原町の境界を流…
  3. 2019-5-26

    熱海鉄道同好会が「春の鉄道展」、新天皇ご即位を記念して「お召し列車」も

    「春の鉄道展」が5月25日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始まり、鉄道ファンや子…
  4. 2019-5-25

    湯浴び、勇壮な練り 泉公園でクライマックス/湯かけまつり神輿パレード

    温泉に感謝を込めて、沿道の人々が盛大に神輿に湯を掛ける第36回「湯かけまつり神輿パレード」が…
ページ上部へ戻る