【桜】熱海をどりまで1カ月、芸妓見番前の「枝垂れ桜」が満開 

初川を挟んで熱海芸妓見番歌舞練場の対岸に植えられた2本の枝垂れ桜が満開を迎えた。歌舞練場では、芸妓衆が1カ月後に迫った「第26回熱海をどり」(4月28、29日)の稽古を続け、川面に流れ落ちる桜花と行き交う芸妓衆の姿が、熱海ならではの情緒を醸しだしている。
今年の演題は長唄 「伊勢参宮」(いせまいり) 、常磐津 端唄 俗曲 「福来寄せ玉手箱」(ふきよせたまてばこ)に決まった。

DSC_3354ss (1)DSC_3353ssDSC_3352ss見番さくら熱海をどりぱんふ

今年の熱海をどりの演目

zenninn

昨年の熱海をどり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始…
  2. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
  3. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

    深まる秋、日本一遅い紅葉の名所・熱海梅園でも紅葉の色づきが進んでいる。新型コロナウイルスの…
  4. 2020-11-21

    前日発表の熱海市の陽性患者と一緒に勤務と食事、伊東市でコロナ感染者

    静岡県は11月21日、伊東市の高齢でない成人(県1118例目)が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る