【梅桜】「熱海まち歩きガイドの会」が好評です 今日(24日)の熱海梅園

昨秋の「梅園もみじまつり」に続いて人気を博しているのが、黄色のジャケットを着た「熱海まち歩きガイドの会」のみなさん。「梅まつり」でも毎日、来訪者に園内を案内しています。

熱海梅園には約450本の梅の木があり、種類もてんこ盛り。その違いを説明しながら、梅見の滝、中山晋平記念館、韓国庭園などを案内。気温にも気を配り、お客さんが風邪をひかにように気を遣う。快く記念のシャッターも…。

それでいて料金は依頼者が何人でも、1グループ300円。入園が有料になる30日以降は、逆にこちらは「無料」になります。

(編集主幹・松本洋二)

◇熱海ガイドの会 熱海市が開講する計8回の「まち歩きガイド養成講座」を受講し、終了証を得たボランティアガイドの会。約130人の修了生のうち約30人が活躍中。

01242

 

0124

 

八重野梅

八重野梅

 

【写真】珈琲専科「讃」羽田剛さん撮影=1月24日

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-8-1

    本格りんご飴専門店「Jewel Candy」熱海サンビーチ前にオープン

    熱海サンビーチ=7月31日 お祭りの屋台などでよく見かける、りんご飴の本格スイーツ専門店「J…
  2. 2021-8-1

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢でない成人と未成年者

    静岡県は7月31日、熱海市に住む高齢でない高齢でない成人と未成年者の計2人が新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-8-1

    倒壊家屋の捜索が9割方終了、自衛隊が撤収 今後は消防と県警で

    熱海市伊豆山の土石流災害で、行方不明者の捜索を支援してきた自衛隊災害派遣部隊の最後まで捜索を続けて…
  4. 2021-7-31

    熱海土石流災害 被災者対象 公営住宅などの入居受け付け開始

    熱海市で起きた大規模な土石流で、自宅が全半壊して住めなくなった人を対象に、熱海市と静岡県が用意した…
ページ上部へ戻る