【梅桜】「糸川桜まつり」との相乗効果で今季最高の人出 今日(26日)の熱海梅園 

熱海梅園梅まつりで2度目の日曜日となった26日、園内の中央ステージでは二三信(ふみしの)社中のみなさんによる「南京玉すだれ」や「江戸里神楽両面踊り」などの演芸や、ミス熱海の撮影会が行われた。

この日から「糸川桜まつり」が開催されている糸川遊歩道と熱海梅園を結ぶ無料シャトルタクシー(土日祝日)の運行が始まり、「梅と桜を両方楽しもう」という人たちが次々に訪れた。

全体では梅の開花は二分咲きといった感じだが、ご覧のように見ごろを迎えた早咲き梅も多く、今季最高の人出となった。

(編集主幹・松本洋二)

開花0126

南京玉すだれ0126

梅娘2

ゲート0126

【写真】珈琲専科「讃」羽田剛さん撮影=1月26日

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る