【梅桜】「糸川桜まつり」との相乗効果で今季最高の人出 今日(26日)の熱海梅園 

熱海梅園梅まつりで2度目の日曜日となった26日、園内の中央ステージでは二三信(ふみしの)社中のみなさんによる「南京玉すだれ」や「江戸里神楽両面踊り」などの演芸や、ミス熱海の撮影会が行われた。

この日から「糸川桜まつり」が開催されている糸川遊歩道と熱海梅園を結ぶ無料シャトルタクシー(土日祝日)の運行が始まり、「梅と桜を両方楽しもう」という人たちが次々に訪れた。

全体では梅の開花は二分咲きといった感じだが、ご覧のように見ごろを迎えた早咲き梅も多く、今季最高の人出となった。

(編集主幹・松本洋二)

開花0126

南京玉すだれ0126

梅娘2

ゲート0126

【写真】珈琲専科「讃」羽田剛さん撮影=1月26日

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る