【梅桜】「糸川桜まつり」との相乗効果で今季最高の人出 今日(26日)の熱海梅園 

熱海梅園梅まつりで2度目の日曜日となった26日、園内の中央ステージでは二三信(ふみしの)社中のみなさんによる「南京玉すだれ」や「江戸里神楽両面踊り」などの演芸や、ミス熱海の撮影会が行われた。

この日から「糸川桜まつり」が開催されている糸川遊歩道と熱海梅園を結ぶ無料シャトルタクシー(土日祝日)の運行が始まり、「梅と桜を両方楽しもう」という人たちが次々に訪れた。

全体では梅の開花は二分咲きといった感じだが、ご覧のように見ごろを迎えた早咲き梅も多く、今季最高の人出となった。

(編集主幹・松本洋二)

開花0126

南京玉すだれ0126

梅娘2

ゲート0126

【写真】珈琲専科「讃」羽田剛さん撮影=1月26日

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    ブルネイ代表のムハマド・イサ選手 競泳男子100メートル、予選1組2位

    熱海市のホストタウン相手国ブルネイ代表のムハマド・イサ選手(23)が7月24日の競泳男子100メー…
  2. 2021-7-24

    熱海土石流 新たに2人の遺体発見、死者21人に 身元は調査中 

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市と静岡県は7月24日、同日の捜索活動で2人の遺体を発見し…
  3. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  4. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
ページ上部へ戻る