【梅桜】「糸川桜まつり」との相乗効果で今季最高の人出 今日(26日)の熱海梅園 

熱海梅園梅まつりで2度目の日曜日となった26日、園内の中央ステージでは二三信(ふみしの)社中のみなさんによる「南京玉すだれ」や「江戸里神楽両面踊り」などの演芸や、ミス熱海の撮影会が行われた。

この日から「糸川桜まつり」が開催されている糸川遊歩道と熱海梅園を結ぶ無料シャトルタクシー(土日祝日)の運行が始まり、「梅と桜を両方楽しもう」という人たちが次々に訪れた。

全体では梅の開花は二分咲きといった感じだが、ご覧のように見ごろを迎えた早咲き梅も多く、今季最高の人出となった。

(編集主幹・松本洋二)

開花0126

南京玉すだれ0126

梅娘2

ゲート0126

【写真】珈琲専科「讃」羽田剛さん撮影=1月26日

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-10-21

    【社寺】フィナーレは勇壮な神輿パレード 今宮神社例大祭が幕

    今宮神社の氏子町内の青年、親睦神輿が連なって練り歩く、「神輿パレード」が10…
  2. 2017-10-21

    【社寺】頼朝公ゆかりの獅子神楽と稚児舞を奉納 今宮神社例大祭

    今宮神社(泉明寺みずほ宮司)例大祭は10月20日、本殿で神事が厳かに執り行われた…
  3. 2017-10-21

    【文化】芸術の秋、熱海梅園はアート色 全国からクラフト作家が64店

    「熱海芸術祭」の一環で「アート・クラフトフェスティバル」(実…
  4. 2017-10-21

    【お悔やみ】小松裕行さん(下多賀)10月19日死去

    小松裕行さん(こまつ・ひろゆき)10月19日死去、66歳。熱海市下多賀。通夜22日午後6時。告別式2…
ページ上部へ戻る