【梅桜】紅八重の「緋の司」が見頃です 今日(21日)の熱海梅園

大寒で今年の寒さも下げ止まり、あとは春にまっしぐ。

熱海梅園では「緋の司」が見ごろを迎えています。

ところで、1月25日(土)からは糸川遊歩道で「あたみ桜祭り」が開幕、

糸川(熱海市役所)⇔熱海梅園の無料シャトルタクシーが始まります。

ただし土日祝日だけの運行ですけが…。

緋の司

【写真】珈琲専科「讃」羽田剛さん撮影(1月21日)

◇緋の司

紅梅系 紅梅性八重
花弁はヘラ型でわずかに抱え咲き。雄しべは長くきれいに開く。樹勢は強い。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  2. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  3. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
  4. 2020-2-25

    熱海温泉のホテル旅館が「感謝デー」クイズ大会に多勢の観梅客

    梅まつり開催中の熱海梅園で2月24日、熱海温泉ホテル旅館協同組合(島田善一理事長)が「感謝デー」を…
ページ上部へ戻る