【梅桜】熱海梅園梅まつりの総入園者14万7000人 週末の2週連続の雪で3万人減

熱海市観光協会は「第70回熱海梅園梅まつり(2月11日~3月9日の58日間」の来園結果をまとめた。

期間中の入園者は約14万7500人で、昨年の17万9900人を18%、3万人ほどダウン。集客のピークとなる2月上・中旬の週末に2週連続で大雪(無料開放)に見舞われたことが響いた。
1日の最多入園者は2月23日の7561人でこちらも昨年の9127人(2月24日)を下回った。
駐車場利用台数は2万347台(約10%減)で1日の最高は627台(昨年662台)。バスは全期間で709台(同868台)。

 

糸川桜まつり(1月25日~2月16日)の期間中、無料で利用できる梅園と糸川(市役所)を結ぶシャトルタクシーを今年も設けたが、利用者は6日間で2565人(昨年は9日間で3946人)。新たに実施した梅園と市営東駐車場を結ぶシャトルバス利用者は9日間で1269人だった。

 
河津町の「第24回河津桜まつり」の来遊客も73万4324人と昨年の85万2715人を13・9%下回っており、こちらも2週連続であった週末の大雪が響いた。
(熱海ネット新聞)

 
◇有料は32日 有料の判断基準は「早咲き梅全体で2分咲き超」のため、有料期間は2月7日~3月10日までの32日間。

 

桃の花 梅園入り口
【写真】熱海梅園入り口に咲く桃の花(3月16日)

 

 

DSC_6915ss

 

現在の熱海梅園の様子

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  2. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
  3. 2021-2-25

    熱海の宿泊客数110万人減か コロナの影響で過去最低の200万人割れ必至

    新型コロナウイルスの影響で熱海市の去年(2020年)1年間の宿泊客数が前年(311万9千人)より…
  4. 2021-2-25

    橋田壽賀子さんの名誉熱海市民 市議会、全会一致で同意  24年ぶり3人目

    熱海市議会2月定例会が2月24日開会し、脚本家で文化勲章受章者の橋田壽賀子さん(95)を名誉市民と…
ページ上部へ戻る