【津波】初島18メートル、最短4分で最大波 

静岡県は30日、相模トラフで巨大地震が発生した場合の被害想定を新たに公表した。熱海市の初島は18メートルと県の第4次被害想定の2倍の高さになった。初島を除く熱海市でも14メートルと従来の1.6倍に上方修正された。津波の到達時間は熱海市は最短3分、わずか4分で最大級の津波が襲うとしている。
県が平成25年に国の検討会が公表した想定をもとに、相模湾から房総半島沿岸にかけての「相模トラフ」で発生するマグニチュード8.7の巨大地震を想定してまとめ、第4次被害想定を補足した。

これまで熱海への津波の第一波は発生の5分後、最大波が訪れるのは9分後とされてきた。

DSCN4187

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る