【消防】伊豆大島で救援活動の消防本部職員5人が帰庁報告

台風26号で被災した伊豆大島(東京都大島町)での救援活動に参加していた熱海消防本部の職員5人が5日、市長応接間で斎藤栄市長に帰庁報告を行った。5人は静岡県緊急消防援助隊第6次派遣隊として静岡市消防本部の職員8人とともに被害の大きかった元町神達地区で行方不明者を10月30日、31日に捜索した。

「道を一本隔てると状況が一変していた。2人を捜索して欲しいとの命令があり捜索したが、あと1、2日残って家族のもとに帰してあげたかった」との中村隊長が話すと、市長は「大島の台風被災は他人事ではない。今回の体験を他の隊員にも伝えてほしい」とねぎらった。

◆第6次派遣隊 隊長・中村治貴、副隊長・港義和、隊員・鈴木悠祐、西島俊、山田拓弥

報告

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-28

    熱海市で新たに高齢でない成人がコロナ感染 市152例目 感染が再拡大

    静岡県は7月28日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  2. 2021-7-28

    22人目の遺体は坂本光正さん、一昨年の「伊豆山神社厄年奉賛会」役員

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市は7月28日、前日に般若院の近くで見つかった遺体の身元が…
  3. 2021-7-28

    ブルネイのファダウス選手 インスタで入国あいさつ 熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪で熱海市がホストタウンを務めるブルネイ・ダルサラーム国のムハマド・ファダウス選手(25)が…
  4. 2021-7-28

    8月28日の「伊豆湯河原温泉納涼花火大会」中止 全国的なコロナ感染再拡大で

    熱海市の伊豆湯河原温泉観光協会は7月27日、新型コロナウイルス感染症の全国的な再拡大のため、8月2…
ページ上部へ戻る