【消防】伊豆大島で救援活動の消防本部職員5人が帰庁報告

台風26号で被災した伊豆大島(東京都大島町)での救援活動に参加していた熱海消防本部の職員5人が5日、市長応接間で斎藤栄市長に帰庁報告を行った。5人は静岡県緊急消防援助隊第6次派遣隊として静岡市消防本部の職員8人とともに被害の大きかった元町神達地区で行方不明者を10月30日、31日に捜索した。

「道を一本隔てると状況が一変していた。2人を捜索して欲しいとの命令があり捜索したが、あと1、2日残って家族のもとに帰してあげたかった」との中村隊長が話すと、市長は「大島の台風被災は他人事ではない。今回の体験を他の隊員にも伝えてほしい」とねぎらった。

◆第6次派遣隊 隊長・中村治貴、副隊長・港義和、隊員・鈴木悠祐、西島俊、山田拓弥

報告

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-20

    【お悔やみ】工藤尚志さん(熱海市網代)9月18日死去

    工藤尚志さん(くどう・なおし)9月18日死去、92歳。熱海市網代。通夜20日午後6時。葬儀21日午…
  2. 2020-9-19

    今夜、「ブラタモリ熱海編」アンコール放送 NHK総合で午後7時半から

    NHK総合で今夜(9月19日)午後7時30分から「ブラタモリ熱海編」(初回放送2016年1月16日…
  3. 2020-9-19

    熱海市の「A-biz」事業、新法人で業務継続 イドムとの契約は解除

    熱海市は、熱海市チャレンジ応援センター「A-biz(エービズ)」の運営を委託してきた「イドム」(静…
  4. 2020-9-19

    65歳以上の「お達者度」 県内の男性伸び率トップは熱海市 静岡県が公表  

    静岡県は65歳を過ぎて要介護度2以上にならず、健康に過ごせる期間を算出した2017年の「お達者度」…
ページ上部へ戻る