【消防】伊豆大島で救援活動の消防本部職員5人が帰庁報告

台風26号で被災した伊豆大島(東京都大島町)での救援活動に参加していた熱海消防本部の職員5人が5日、市長応接間で斎藤栄市長に帰庁報告を行った。5人は静岡県緊急消防援助隊第6次派遣隊として静岡市消防本部の職員8人とともに被害の大きかった元町神達地区で行方不明者を10月30日、31日に捜索した。

「道を一本隔てると状況が一変していた。2人を捜索して欲しいとの命令があり捜索したが、あと1、2日残って家族のもとに帰してあげたかった」との中村隊長が話すと、市長は「大島の台風被災は他人事ではない。今回の体験を他の隊員にも伝えてほしい」とねぎらった。

◆第6次派遣隊 隊長・中村治貴、副隊長・港義和、隊員・鈴木悠祐、西島俊、山田拓弥

報告

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-3

    標高500mで凛と咲く…姫の沢公園で水仙が見頃 本格的な春の訪れ 

    熱海市の姫の沢公園公園でひときわ目立つ黄色い水仙(スイセン)や鈴蘭(スズラン)のような白い…
  2. 2021-3-3

    熱海市で新たに1人がコロナ感染、高齢でない成人男性 3月3日

    静岡県は3月3日、熱海市に住む高齢でない成人男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱…
  3. 2021-3-3

    3月9、10日に市議会「一般質問」 副市長2人制やコロナ諸問題で論戦 

    熱海市議会2月定例会は3月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と高橋幸雄氏を除く…
  4. 2021-3-3

    熱海市長の施政方針 「ピンチをチャンスに変え、反転攻勢に向けた施策」全掲

    熱海市は市議会2月定例会に180億300万円の新年度一般会計当初予算案を上程した。市長は「回復から…
ページ上部へ戻る