【県議選】藤曲敬宏氏の当選会見 全録

県議選に初当選した自民党の新人・藤曲敬宏氏(48)は12日夜、選挙事務所で今回の選挙を振り返り次のように話した。

この厳しい決戦に少差ではありましたが、勝利できたのは皆様のおかげです。本当にありがとうございました。
皆様と一緒に熱海を取り戻したい。この思いからスタートします。国、県とのパイプを、自民党の議席を、熱海を取り戻したという気がします。しかし、このあとには26日投開票の市議選があります。そこまで自公でしっかりと連携してもっと強固な熱海を作っていきたい。

きょう万歳三唱ではなく、ガンバロー三唱にしたのは、ここは通過点であり、これから4年半、民主党の現職が残した宿題をしっかりやっていかなければいけない。空白の4年半を取り戻さないといけないという思いからです。それには何よりも人間関係、県議さんたちとしっかりと横の連携をしていくこと、県の職員との信頼関係を取り戻すこと。そして県と市をしっかりと結び付ける。これをこれからの4年間でやっていき、もう一度熱海を取り戻したい。

今回の選挙は本当に厳しい戦いでした。当初、橋本一実候補と戦っているつもりが、告示以降、市長さんと戦っているような戦いでした。何で私が市長さんと戦わなくてはいけないのか。そういう思いでありました。その思いが多くの市民の皆様に伝わり、皆様の中からおかしいのじゃないか。市長さんを応援している人たちからも、「市長さんは中立であるべきだ」という声が上がってまいりました。そういう声が逆にこちらの藤曲陣営をより強固なものにし、そして相手陣営の方々の中からもそういう声が上がってまいりました。こういったことが今回の選挙をより複雑にしてしまった。

私は今回の戦いが終わったことでノーサイドにしたい。市長さんは前回の市長選の当選の後に「ノーサイドは市長が決めることだ」と言いました。私はこれから市民のために働かなければいけない。選挙戦期間中にも言っていたように県と市の連携を組むためにしっかりと働いていく。皆様にお約束したように熱海にしっかりと予算を持ってくること。そのことをお約束したい。

うれしいというよりも、これから行くべき険しい道の責任の重さを今すでに感じています。しっかりと戦っていきますが、皆様方の力が必要です。藤曲を支えていただきながら、一緒になって熱海を良くしていきたい。どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る