【社会】下多賀の国道135号で信号機に激突 市内の男性1人が死亡

1月15日午前9時50分ごろ、熱海市下多賀の国道135号線で、市内の70代の男性が運転する軽自動車が歩道上の信号機の柱に激突した。男性は全身打撲でドクターヘリで市外の病院に救急搬送されたが、死亡した。病死の可能性もあるため、警察は詳しい死因を調べている。現場はマックスバリュー熱海多賀店近くの三叉路交差点。車は山側から下ってきた。
熱海市では2015年11月27日から交通死亡事故ゼロが続いている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
  2. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
  3. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  4. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
ページ上部へ戻る