【社会】下多賀の国道135号で信号機に激突 市内の男性1人が死亡

1月15日午前9時50分ごろ、熱海市下多賀の国道135号線で、市内の70代の男性が運転する軽自動車が歩道上の信号機の柱に激突した。男性は全身打撲でドクターヘリで市外の病院に救急搬送されたが、死亡した。病死の可能性もあるため、警察は詳しい死因を調べている。現場はマックスバリュー熱海多賀店近くの三叉路交差点。車は山側から下ってきた。
熱海市では2015年11月27日から交通死亡事故ゼロが続いている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
  2. 2018-8-14

    お盆休みピークに突入 熱海サンビーチ賑わう、今夏最高の人出

    お盆休みが始まった8月13日、熱海サンビーチは首都圏などから訪れた行楽客や帰省客でにぎわ…
  3. 2018-8-14

    U ターンラッシュ始まる、上り線渋滞 熱海市内の道路混雑

    お盆入りの8月13日、熱海市内の幹線道路はお盆休みを利用して熱海市を訪れる人や一足先に夏休み休暇を楽…
  4. 2018-8-14

    【お悔やみ】鈴木孟彦さん(熱海市網代)8月11日死去

    鈴木孟彦さん(すずき・たけひこ)8月11日死去、83歳。熱海市網代。出棺15日午前11時、JAホール…
ページ上部へ戻る