【社会】下多賀の国道135号で信号機に激突 市内の男性1人が死亡

1月15日午前9時50分ごろ、熱海市下多賀の国道135号線で、市内の70代の男性が運転する軽自動車が歩道上の信号機の柱に激突した。男性は全身打撲でドクターヘリで市外の病院に救急搬送されたが、死亡した。病死の可能性もあるため、警察は詳しい死因を調べている。現場はマックスバリュー熱海多賀店近くの三叉路交差点。車は山側から下ってきた。
熱海市では2015年11月27日から交通死亡事故ゼロが続いている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-4-9

    熱海の良質な上水道に感謝、安定供給願う 明水神社例大祭 熱海管工事工業協同組合

    熱海管工事工業協同組合は4月9日、市内西山町の「明水神社」で春季例大祭を斎行した。来宮神社…
  2. 2020-4-9

    熱海芸妓、熱海市にマスク寄贈 子どもたちに手作り200枚 コロナ感染予防

    子どもたちの新型コロナウイルスへの感染予防に役立ててほしいと、熱海芸妓置屋連合組合は4月8…
  3. 2020-4-9

    新型コロナ 熱海商議所、12日と19日に「事前予約制」で特別相談窓口 

    新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出ている熱海市内の事業所を支援するため、熱海商工会議所は…
  4. 2020-4-9

    5月18日の熱海海上花火大会も中止 今季開幕から3大会連続

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熱海市ホテル旅館協同組合連合会は4月8日、5月9日(日)に実施…
ページ上部へ戻る