【社会】今年も「ワカメカーテン」の季節到来 早春の多賀湾の風物詩 

 

 

大熱海漁業協同組合(石井勝夫組合長)に加盟する下多賀・小山・上多賀地区の11軒の組合員による多賀湾での養殖ワカメ漁が最盛期を迎えている。

 

多賀湾での養殖は30年以上も前から続けられており、多賀湾沖200~300mに設定された特別区画で行われ、毎年、海水温が18度以下になる11月中旬に胞子をロープに付着させる。その胞子が発芽して1~1.5mに育つこの時期に採取し、生または塩蔵、乾燥して出荷する。

 

今年も収穫期を迎え、組合員が大きく育ったワカメを次々に採取。水揚げしたワカメを南熱海交番近くの国道135号線沿いで天日にさらして乾燥させ、ご覧のような「わかめのカーテン」を作り出している。

 

多賀湾で育んだワカメは香りがよく柔らかいのが特徴。採取は3月中旬ごろまで続く。

 

3月1日~3日には、朝獲り生わかめ詰め放題が人気の伊豆多賀わかめ祭りが長浜海浜公園である。

(編集主幹・松本洋二)

 

わかめのカーテン

 

 

P1010193

 

【写真】熱海市観光経済課農林水産室

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る