【社会】今年も「ワカメカーテン」の季節到来 早春の多賀湾の風物詩 

 

 

大熱海漁業協同組合(石井勝夫組合長)に加盟する下多賀・小山・上多賀地区の11軒の組合員による多賀湾での養殖ワカメ漁が最盛期を迎えている。

 

多賀湾での養殖は30年以上も前から続けられており、多賀湾沖200~300mに設定された特別区画で行われ、毎年、海水温が18度以下になる11月中旬に胞子をロープに付着させる。その胞子が発芽して1~1.5mに育つこの時期に採取し、生または塩蔵、乾燥して出荷する。

 

今年も収穫期を迎え、組合員が大きく育ったワカメを次々に採取。水揚げしたワカメを南熱海交番近くの国道135号線沿いで天日にさらして乾燥させ、ご覧のような「わかめのカーテン」を作り出している。

 

多賀湾で育んだワカメは香りがよく柔らかいのが特徴。採取は3月中旬ごろまで続く。

 

3月1日~3日には、朝獲り生わかめ詰め放題が人気の伊豆多賀わかめ祭りが長浜海浜公園である。

(編集主幹・松本洋二)

 

わかめのカーテン

 

 

P1010193

 

【写真】熱海市観光経済課農林水産室

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る