【社会】初島の中学生4人 高校進学で「島に別れ」

熱海市立初島中学校を卒業した4人の生徒が1日、この春から高校に進学するため、15年間過ごした故郷から熱海港行きの船で島を離れた。
初島港で初島小中の後輩、教職員などおよそ130人が見守るなか、船に乗り込み、色とりどりのテープを持って「ありがとうございました」と手を振り続け、巣立っていった。

生徒たちは親戚の家や寮で生活しながら、伊豆の国市や沼津市、川崎市の高校へ通う。50年ほど前から続くお別れセレモニーの様子は、1日夜7時のNHK「ニュース7」でも報じられた。

市立初島中は昭和47年に市立熱海中の分校から独立し単独校になった。卒業生は同57年の8人が最多で、平成移行後は卒業生がいない年が6回あり、今回の島からの送り出しは2年ぶり。静岡県で唯一の有人島の初島の人口は201人(2月末)。高校がないため、島を離れ、県内外の高校に入学する。

◇卒業生4人の進路
新藤裕俊君(県立韮山高校)
新藤直人君(県立韮山高校)
田中柊羽君(飛龍高校)
田中福将君(法政二高)

11133753_800984059986835_3037854289427281030_n

初島「活魚料理さやか」田中咲子さん撮影

IMAG2504-1IMAG2498-1

NHK「ニュース7」より

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  2. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
  3. 2019-1-18

    しじみ汁振る舞い「金色夜叉」PR/仲見世通り商店街

    尾崎紅葉筆塚祭を盛り上げようと、熱海駅から筆塚への通り道となる「熱海仲見世振興会」(椎野文夫会長)は…
  4. 2019-1-18

    あす19日午後1時「湘南なぎさ連」阿波踊り/あたみ桜糸川桜まつり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道であす19日(土)午後1時から「湘南なぎさ連」が阿波踊りを…
ページ上部へ戻る