【社会】剣道・柔道・逮捕術をみっちり12日間 熱海署が冬季訓練の成果を披露 

 

 

熱海署(岡田卓史署長)は14日、同署5階の道場で平成26年度冬季訓練の納会を開いた。

署員たちは今月3日からこの日までの12日間、剣道・柔道・逮捕術を訓練。凶悪化する犯罪に対処しうる体力と技術を研さんした。

その訓練を顕彰する納会では、来宮神社・雨宮盛克宮司をじはじめ、来賓が見守る中、剣道と柔道の2種目で、5人1チームの紅白戦を行い、訓練の成果を披露するとともに士気を高めた。

 

熱海署では、冬のもっとも寒い時期と夏の猛暑に時期の年2回、この訓練を行い、精神力と武道の技術向上に取り組んでいる。

 

 

柔道

 

IKCテレビより

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-17

    熱海市で「百八体流灯祭•送り火」3年ぶり全面点火も深刻な担い手不足

    熱海市のお盆の伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時から長浜海岸で…
  2. 2022-8-17

    「伊豆山復興」祈り込め、熱海・長浜海岸で灯籠流し 

    熱海市の長浜海岸で8月16日夜、お盆の風物詩「灯籠流し」が行われた。多賀湾に400個の淡い光…
  3. 2022-8-17

    網代温泉海上花火大会に1万人 2年ぶりのお盆開催 夏の風物詩が復活

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時30分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会主催)が開…
  4. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
ページ上部へ戻る