【社会】古屋旅館まで8分で移動、サンビーチで津波訓練 熱海ビーチクラブ3月定例会

 

 

「熱海ビーチクラブ」(光村智弘代表)は9日、熱海サンビーチで3月定例会を開き、マグニチュード8.0、震度6強以上の地震と関東大震災の津波を想定して避難場所に逃げる訓練を行った。

午前11時1分、熱海市の津波訓練を知らせるサイレンが鳴ると、光村代表が津波の危険を知らせるオレンジフラッグを掲げ、クラブメンバーや子供たちを集結させ、高台にある古屋旅館前まで全員で避難した。

熱海の場合、津波の第1波が到達するのが発生の5分後とされ、高さは1~2m。9分たつとピークの波が訪れるという。そこでサイレンから9分の間に17m高い場所に避難する訓練を実施。一行は息を切らして8分で到達、安堵の表情をう浮かべてVサイン。

定例会では、恒例のビーチクリーンにはじまり、フィジカルセンス、ビーチバブル(シャボン玉)、スポーツカイト、カヌーなどのプログラムなどを行い、混流温泉文化祭に参加している若手アーティストも加わって砂浜に30m×50メートルの絵を描く「ビーチアート」も行った。

この日熱海では市内全域に「大津波警報」の訓練放送が流れ、沿岸部で一斉に津波訓練を実施した。

(編集主幹・松本洋二)
◇熱海ビーチクラブ NPO法人シップチャンドラーが中心となって子どもたちに海の楽しみ方を伝える活動を展開。毎月第2日曜日に定例会を開催。参加は無料。問い合わせは熱海マリンサービス内「熱海ビーチクラブ」事務局〈電0557(85)0330〉へ。

 

 

DSC_6649ss

 

ビーチが0309

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る