【社会】国道135号魚見崎バス停付近で落石、14日は片側通行

12日午前10時ごろ、国道135号線の魚見崎バス停付近の上り車線で落石があった。直径70センチほどの石が反対車線のガードレールまで転がった。熱海土木事務所が連絡を受けて撤去したが、防御ネットなどの対策工事のため、14日は終日片側通行になる。イノシシなどが地面を掘ったことが原因とみられる。落石によるけが人はなかった。同所は1日約1万9000台の交通量がある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-5

    熱海市で新たに2人の高齢者がコロナ感染 ともに県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は12月5日、熱海市で新たに2人の高齢者の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。性別、…
  2. 2020-12-5

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部24位 3区でヘリヤー理紗さん区間3位  

    第21回静岡県市町対抗駅伝競走大会は12月5日、県内全35市町の37チームが参加して静岡市内の12…
  3. 2020-12-5

    熱海の老舗寿司「 三代目 和可奈」、二段重高級おせちの予約開始 巣ごもり反映

    年越しまで1カ月を切り、熱海市渚町の老舗寿司店「熱海三代目和可奈◯」でおせ…
  4. 2020-12-4

    元サッカー日本代表・中田英寿氏、熱海でトークショー 「工藝と食」熱弁

    熱海市のMOA美術館は12月4日、サッカー元日本代表MF・中田英寿氏、人気パティシエ・鎧塚…
ページ上部へ戻る