【花】熱海が誇る「セアノサスの青い花」が見ごろ 渚親水公園

 渚親水公園の熱海ムーンテラスに降りる階段に植えられたセアノサスの「青い花」が見ごろを迎えた。

 セアノサスは、米国が原産でカリフォルニアライラックとも呼ばれる。目がさえるほど、透き通ったブルーの花からは、石けんに似た、甘い芳香がただよう。園芸ファンの人気は高いが、湿度が苦手で寒さに弱く、日本の気候に合わないことから育てるのは難しい。

同公園を監修する園芸家の奧峰子さんが7年ほど前に植栽し、大きく育てた。国内でアノサスが3本並んで花を咲かせているのは、渚親水公園だけという。ゴールデンウイークの期間中見ごろが続く。

(熱海ネット新聞)

DSCN2967

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る