【社会】熱海のトレビの泉に”効果”なし 駅前間欠泉の投入硬貨3カ月で3675円の怪

熱海市は26日、JR熱海駅前間欠泉の清掃を行い、今年8月27日から11月26日までに観光客や市民が投入した硬貨を回収した。

回収金額は3675円で硬貨別では500円3枚、100円15枚、50円3枚、10円29枚、5円20枚、1円135枚。直前の3カ月(495円)より大幅に増えたものの、客待ちの宿泊関係者は「あれだけ観光客が来ているのに、たったそれだけ」と首をひねっている。

駅前間欠泉には1976年の完成以来、イタリア・トレビの泉を真似て硬貨が投げられるようになった。回収は年に4回程度行われ、これまでの回収総額は152万7039円。集まった硬貨は市の観光施設整備費に充てられている。

かんけつせん

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-22

    8年ぶりに満月と重なる「仲秋の名月」 熱海湾に鮮やかムーンロード

    旧暦の8月15日に当たり「仲秋の名月」(十五夜)となった9月21日。暦と満月は必ずしも一致しないが…
  2. 2021-9-22

    熱海市全体の商業地3•7%、県内一の上昇率 トップは田原本町 基準地価

    国土交通省は9月21日、7月1日現在の基準地価を発表した。静岡県内の商業地は新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-9-22

    【お悔やみ】河野と志枝さん(熱海市網代)9月19日死去 107歳

    河野と志枝さん(このう・としえ)9月19日死去、107歳。熱海市の再高齢者。通夜23日午後6時。葬…
  4. 2021-9-20

    秋づく熱海、ススキの穂が秋風に揺れる 赤紫の萩の花鮮やか 姫の沢公園

    例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園で秋の七草の一つ、萩が見頃を迎え、赤紫のかれんな花…
ページ上部へ戻る