【社会】熱海のトレビの泉に”効果”なし 駅前間欠泉の投入硬貨3カ月で3675円の怪

熱海市は26日、JR熱海駅前間欠泉の清掃を行い、今年8月27日から11月26日までに観光客や市民が投入した硬貨を回収した。

回収金額は3675円で硬貨別では500円3枚、100円15枚、50円3枚、10円29枚、5円20枚、1円135枚。直前の3カ月(495円)より大幅に増えたものの、客待ちの宿泊関係者は「あれだけ観光客が来ているのに、たったそれだけ」と首をひねっている。

駅前間欠泉には1976年の完成以来、イタリア・トレビの泉を真似て硬貨が投げられるようになった。回収は年に4回程度行われ、これまでの回収総額は152万7039円。集まった硬貨は市の観光施設整備費に充てられている。

かんけつせん

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る