【社会】行方不明だったヨットの男性、航行中の船舶が城ケ崎沖で救助

スパ・マリーナ熱海を出港したまま行方が分からず、所有するヨットだけが28日に熱海市上多賀の海岸で見つかった事故で、下田海上保安部などは29日までに、海上で漂流していた神奈川県の男性(65)を救助したと発表した。

伊東市の城ケ崎海岸沖の海上で、航行中の船舶が見つけ、救助した。男性は衰弱しているものの、命に別状はないという。

男性は28日午前8時ごろ釣りを目的に一人で出港。真鶴方面に向かったが、何らかの事情で落水したとみられ、同保安庁などでは、男性に詳しい事情を聴く方針。

巡視船あまぎ

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-25

    【お悔やみ】三枝俊雄さん(熱海市田原本町)1月23日死去

    三枝俊雄さん(さえぐさ・としお)1月23日死去、82歳。食事処ふくや。熱海市田原本町1の5。通夜26…
  2. 足湯

    2022-1-24

    新たに児童のコロナ感染判明 熱海市内の別の小学校1校で学年閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月24日、市内の小学校1校で新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、当該校の…
  3. 2022-1-23

    上多賀など南熱海4地区で「どんどん焼き」 たぎる炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月23日午前、南熱海の4地区(上多賀、下多賀、中野、和田木)で開催さ…
  4. 2022-1-23

    熱海市の新規コロナ感染者14人 10人超は6日連続=1月23日

    静岡県と熱海市は1月23日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。前日…
ページ上部へ戻る