【社寺】「来宮壬子會(きのみやじんしかい)」が事務所開き

来宮神社例大祭で平成26年度の御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「来宮壬子會(きのみやじんしかい)」(山田文敏会長)は20日午前、熱海市清水町の清水ビル2階で事務所開きを行った。

 
神木健策祭典委員長、青木悦男、若林正総代責任役員、山田康夫宮神輿(みこし)保存会長、森田金清熱海市観光協会会長、岡田実御鳳輦世話人代表、伊豆山子丑會、今宮子丑嵐絆會など来賓を含め、約60人が出席した。同神社の雨宮盛克宮司による神事の後、山田会長は「皆さんの指導をいただき、伝統文化を継承していきたい」とあいさつした。

 
同会は例大祭で御鳳輦を担いで渡御を行う。

 

(熱海ネット新聞)

 

 

山田会長

来宮壬子會・山田文敏会長

 

鏡割り

看板

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-3

    標高500mで凛と咲く…姫の沢公園で水仙が見頃 本格的な春の訪れ 

    熱海市の姫の沢公園公園でひときわ目立つ黄色い水仙(スイセン)や鈴蘭(スズラン)のような白い…
  2. 2021-3-3

    熱海市で新たに1人がコロナ感染、高齢でない成人男性 3月3日

    静岡県は3月3日、熱海市に住む高齢でない成人男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱…
  3. 2021-3-3

    3月9、10日に市議会「一般質問」 副市長2人制やコロナ諸問題で論戦 

    熱海市議会2月定例会は3月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と高橋幸雄氏を除く…
  4. 2021-3-3

    熱海市長の施政方針 「ピンチをチャンスに変え、反転攻勢に向けた施策」全掲

    熱海市は市議会2月定例会に180億300万円の新年度一般会計当初予算案を上程した。市長は「回復から…
ページ上部へ戻る