【社寺】「来宮壬子會(きのみやじんしかい)」が事務所開き

来宮神社例大祭で平成26年度の御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「来宮壬子會(きのみやじんしかい)」(山田文敏会長)は20日午前、熱海市清水町の清水ビル2階で事務所開きを行った。

 
神木健策祭典委員長、青木悦男、若林正総代責任役員、山田康夫宮神輿(みこし)保存会長、森田金清熱海市観光協会会長、岡田実御鳳輦世話人代表、伊豆山子丑會、今宮子丑嵐絆會など来賓を含め、約60人が出席した。同神社の雨宮盛克宮司による神事の後、山田会長は「皆さんの指導をいただき、伝統文化を継承していきたい」とあいさつした。

 
同会は例大祭で御鳳輦を担いで渡御を行う。

 

(熱海ネット新聞)

 

 

山田会長

来宮壬子會・山田文敏会長

 

鏡割り

看板

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る