【社寺】伊豆山神社の秘伝「走湯山秘訣絵巻」が市外で初公開 新宿の「柿伝ギャラリー」

 

 

源頼朝が征夷大将軍の守護神として奉(まつ)り、徳川家康も崇敬した伊豆山神社の由来や歴史を描いた「走湯山秘訣(そうとうさんひけつ)絵巻」が、東京・新宿区の柿伝(かきでん)ギャラリーで展示公開されている。同神社が絵巻を市外に出展するのは初めて。

同神社はかつて「走湯権現」と呼ばれ、神仏習合の一大霊場だった。そこに伝わる神の物語を鎌倉時代に記したのが「走湯山秘訣絵巻」で、代々の氏人の長(宮司)1人だけに披見を許され、御神体と同様に秘められてきた。その秘伝の書を広く人々に伝承しようと、2011年に国文学研究者、書家、画家の協力を得て、わかりやすい文章とし絵巻を制作した。全4巻合わせて約30メートルに及ぶ大作。公開は7日まで。

(熱海ネット新聞)

問い合わせは同ギャラリー〈電03(3352)5118〉へ。

 

走湯山秘訣絵巻

 

 

走湯山秘訣絵巻

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-8-1

    本格りんご飴専門店「Jewel Candy」熱海サンビーチ前にオープン

    熱海サンビーチ=7月31日 お祭りの屋台などでよく見かける、りんご飴の本格スイーツ専門店「J…
  2. 2021-8-1

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢でない成人と未成年者

    静岡県は7月31日、熱海市に住む高齢でない高齢でない成人と未成年者の計2人が新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-8-1

    倒壊家屋の捜索が9割方終了、自衛隊が撤収 今後は消防と県警で

    熱海市伊豆山の土石流災害で、行方不明者の捜索を支援してきた自衛隊災害派遣部隊の最後まで捜索を続けて…
  4. 2021-7-31

    熱海土石流災害 被災者対象 公営住宅などの入居受け付け開始

    熱海市で起きた大規模な土石流で、自宅が全半壊して住めなくなった人を対象に、熱海市と静岡県が用意した…
ページ上部へ戻る