【社寺】安全な水の安定供給を祈願 明水神社で「例大祭」

 

水の神様で知られる熱海市西山町の「明水神社」で11日、熱海管工事工業組合(菅谷正理事長)が主催する春季例大祭が開かれた。

熱海市の良質な水質を誇る水源に感謝し、安全な水の安定供給を祈願するもので、斉藤栄市長、市議、観光建設公営企業、地元町内会など40人が参列。来宮神社の雨宮盛克宮司が神事を執り行い、この1年ぶじ水道事業が執行できたことに感謝し、新たな1年のご加護を願った。

 

同神社は、現在の第一小学校の土地に西山浄水場があった頃、京都の籠神社よりご神体を分けて戴き、昭和13年に祭られた。その後昭和30年に現在の地へ社殿を移し、熱海市の水道の守り神なっている。

(熱海ネット新聞)

 

DSC_8005ss-1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-4-23

    【熱海の花】春ウララ、海風に揺れる紫と白のフジ棚が見頃 サンレモ公園

    例年、ゴールデンウィークに見ごろを迎えるサンレモ公園(熱海市和田浜南町)のフジが例年より少し…
  2. 2017-4-22

    【編集室】渚町をアートで彩れ! リノベーションの起爆剤に作品展

    熱海市渚町のリノベーション賃貸物件「nagisArt(ナギサート)」で4月21~23日、市内外の…
  3. 2017-4-22

    【イベント】クラシックカー、伊豆半島駆ける 熱海起点にラリー車34台

    全国のクラシックカー愛好者が伊豆半島の山あいや海辺を2日間かけて約240kmのルートをたどる公道…
  4. 2017-4-22

    【イベント】チア全米一 日大三島「ピンキーチェリーズ」、熱海にエール

    高齢者専用マンション「中銀ライフケア」を運営する中銀インテグレーションは4月22日、熱海市の渚親…
ページ上部へ戻る