【社寺】安全な水の安定供給を祈願 明水神社で「例大祭」

 

水の神様で知られる熱海市西山町の「明水神社」で11日、熱海管工事工業組合(菅谷正理事長)が主催する春季例大祭が開かれた。

熱海市の良質な水質を誇る水源に感謝し、安全な水の安定供給を祈願するもので、斉藤栄市長、市議、観光建設公営企業、地元町内会など40人が参列。来宮神社の雨宮盛克宮司が神事を執り行い、この1年ぶじ水道事業が執行できたことに感謝し、新たな1年のご加護を願った。

 

同神社は、現在の第一小学校の土地に西山浄水場があった頃、京都の籠神社よりご神体を分けて戴き、昭和13年に祭られた。その後昭和30年に現在の地へ社殿を移し、熱海市の水道の守り神なっている。

(熱海ネット新聞)

 

DSC_8005ss-1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-17

    熱海市で「百八体流灯祭•送り火」3年ぶり全面点火も深刻な担い手不足

    熱海市のお盆の伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時から長浜海岸で…
  2. 2022-8-17

    「伊豆山復興」祈り込め、熱海・長浜海岸で灯籠流し 

    熱海市の長浜海岸で8月16日夜、お盆の風物詩「灯籠流し」が行われた。多賀湾に400個の淡い光…
  3. 2022-8-17

    網代温泉海上花火大会に1万人 2年ぶりのお盆開催 夏の風物詩が復活

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時30分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会主催)が開…
  4. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
ページ上部へ戻る