【社寺】徳川家光ゆかりの御殿稲荷神社で初牛祭 「熱海温泉の商売繁盛」を祈願

 

熱海市役所の第3庁舎入口に鎮座する「御殿稲荷(いなり)神社」(雨宮盛克宮司)で9日、初午(はつうま)祭が開かれた。

「初午祭」とは、2月立春過ぎの最初の牛(うま)の日に行う稲荷神社の祭礼で長寿、息災、商売繁盛などを祈る伝統行事。伏見稲荷大社の神様がその日に稲荷山に鎮まったという伝承によるもので、祭礼日は2月初午と5月3日。

雨宮宮司が神事を執り行い、祝詞を奏上したあと、同神社の世話人代表の講元を務める森岡俊光さんや池田茂樹町内会長、斉藤栄市長らが玉串を奉てんし、「熱海の景気がよくなるよう」祈願した。

 

同神社は2012年、熱海市役所の建て替えにあわせて新宿町内会の人たちが自主的に社、棚、石垣を改修して塗り替え、ご覧のように威光を取り戻した。

今回もこの初牛祭に備え、山田畳店が厚意で社の畳を張り替えた。

(編集主幹・松本洋二)

 

◇御殿稲荷(ごてんいなり) 江戸幕府三代将軍・徳川家光は、家康が大湯の温泉で湯治した熱海に湯治御殿を造らせた。その際、御殿の鬼門除けのために京都京都伏見神社より分祀して建立した。

 

稲荷祈祷

 

 

 

 

稲荷外観2

 

 

 

稲荷像

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る