「ジャカフェス」開幕OK 青紫の「ジャカランダ」見ごろに お宮緑地

6月6日から始まる「ATAMIジャカランダフェスティバル2021」(熱海市観光協会主催)を前に、熱海市の市花の一つ「ジャカランダ」が見ごろを迎えた。会場の熱海サンビーチと国道135号線に挟まれたお宮緑地のジャカランダ遊歩道が爽やかな青紫に染まり、はや開幕OKとなった。
咲くか、咲かないか、その年の5月末になってみないと分からない気まぐれな花だが、今年は当たり年。例年以上に多くの花を咲かせ、2年ぶりに開催する同フェスティバルを盛り上げている。
今年は新型コロナウイルスの感染防止のため、開幕セレモニー等は行わないが、旅行を控えている首都圏のジャカランダ愛好家のために、FMヨコハマで開花状況などを伝える。
今週末には、熱海サンビーチから国道135号線沿いの親水公園、小公園まで140本のジャカランダの釣り鐘状の花びらが、爽やかな青紫に染めあげる。
(熱海ネット新聞)
写真=6月1日撮影
■ライトアップ ATAMIジャカランダフェスティバル2021 (6月5日•土曜〜20日•日曜)の午後6時〜午後10時までジャカランダ遊歩道をライトアップ。 


■ジャカランダ 世界三大花木(カエンボク、ホウオウボク、ジャカランダ)の1つ。6月に青色、薄紫色の花を咲かせる南米原産ノウゼンカズラ科の常緑樹。熱海市は1990年7月、ポルトガル・カスカイス市との姉妹都市提携を記念して、同市から苗を譲り受け、初めて植栽。
■ジャカランダ遊歩道 国道135号線とサンビーチに挟まれた延長430m、幅12~20mの細長い緑地。2014年6月、それまであった椰子(やし)の木などを移植・撤去し、約110本のジャカランダを植裁し、国内最大のジャカランダ遊歩道に整備。大きく育った木も32本植えられている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る