「ジャカフェス」開幕OK 青紫の「ジャカランダ」見ごろに お宮緑地

6月6日から始まる「ATAMIジャカランダフェスティバル2021」(熱海市観光協会主催)を前に、熱海市の市花の一つ「ジャカランダ」が見ごろを迎えた。会場の熱海サンビーチと国道135号線に挟まれたお宮緑地のジャカランダ遊歩道が爽やかな青紫に染まり、はや開幕OKとなった。
咲くか、咲かないか、その年の5月末になってみないと分からない気まぐれな花だが、今年は当たり年。例年以上に多くの花を咲かせ、2年ぶりに開催する同フェスティバルを盛り上げている。
今年は新型コロナウイルスの感染防止のため、開幕セレモニー等は行わないが、旅行を控えている首都圏のジャカランダ愛好家のために、FMヨコハマで開花状況などを伝える。
今週末には、熱海サンビーチから国道135号線沿いの親水公園、小公園まで140本のジャカランダの釣り鐘状の花びらが、爽やかな青紫に染めあげる。
(熱海ネット新聞)
写真=6月1日撮影
■ライトアップ ATAMIジャカランダフェスティバル2021 (6月5日•土曜〜20日•日曜)の午後6時〜午後10時までジャカランダ遊歩道をライトアップ。 


■ジャカランダ 世界三大花木(カエンボク、ホウオウボク、ジャカランダ)の1つ。6月に青色、薄紫色の花を咲かせる南米原産ノウゼンカズラ科の常緑樹。熱海市は1990年7月、ポルトガル・カスカイス市との姉妹都市提携を記念して、同市から苗を譲り受け、初めて植栽。
■ジャカランダ遊歩道 国道135号線とサンビーチに挟まれた延長430m、幅12~20mの細長い緑地。2014年6月、それまであった椰子(やし)の木などを移植・撤去し、約110本のジャカランダを植裁し、国内最大のジャカランダ遊歩道に整備。大きく育った木も32本植えられている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-6-14

    「ほたる鑑賞の夕べ」の人出、13日間で2497人 最高は12日の535人

    熱海市観光協会は6月14日、2年ぶりに開催した「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1…
  2. 2021-6-12

    青紫ジャカランダ、ライトアップで幻想的 週末の若者たちを魅了

    「ATAMIジャカランダ・フェスティバル2021」開催中のお宮緑地(熱海市東海岸町)でライ…
  3. 2021-6-12

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 無症状のまま検査で判明

    静岡県は6月12日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-6-10

    岩井氏が熱海入り、街頭演説に500人 齋藤栄市長も支援表明…動画あり

    6月20日投開票の知事選に立候補した前参議院議員の新人岩井茂樹氏(53)は9日午後6時半か…
ページ上部へ戻る