【社寺】関八州総鎮護・伊豆山神社の例大祭が開幕

 

伊豆山神社(原口尚文宮司、大館節生総代会長)の例大祭が14日、幕開けした。祭りは16日まで続く。

14日は午後8時から宵宮祭があり、子ども神輿が町内を練り歩く。それに先駆け、同神社では午前5時から25メートルののぼりたてが行われ、50人ほどの氏子が境内に集まり、2時間半かけて完了した。
その後、氏子たちは各町内に注連縄(しめなわ)を張り巡らし、神輿に御霊を遷す夜の神事に備えた。

 

 

例大祭は15日に斎行され、午前10時から神女舞と実朝の舞を奉納。午後の神幸祭では、1時に発輿(はつよ)祭を行い、宮神輿3基と、厄年奉賛会「伊豆山子丑會(ねうしかい)」(宇田隆司会長)の神輿が国道135号海側の下宮を目指して石段を下る。

伊豆山勢輿会による例大祭奉祝古式神輿練り、弓道の小笠原流宗家一門の古式三三九手挟(さんさんくてばさみ)大的奉射の奉納行事もある。

16日は午前10時から正殿祭を行い、神女舞と実朝の舞が奉奏される。

問い合わせは伊豆山神社〈電0557(80)3164〉へ。

 

【熱海ネット新聞】

 

のぼり旗2本

 

神輿の準備

 

伊豆山お化粧神社

【写真撮影】伊豆山神社、いわもとなおみさん

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る