アジサイ街道がサクラ街道に 国道135号、熱海市・小山臨海公園

3月6日は二十四節気のひとつ「啓蟄(けいちつ)」。冬ごもりしていた虫が土の中から外に出てくるころとされる。「アジサイ街道」の名で知られる熱海市下多賀の国道135号沿いの小山臨海公園入り口では、桜が満開となり、列車や車で行き来する人たちの目を楽しませている。
およそ20年前、多賀中で校長を務めた故角田春彦さんが大寒桜(おおかんざくら)や新種の桜を植え込んだもので、大漁桜も1本ある。
三寒四温の影響で国道には「山間部 凍結のおそれ、通行注意」の掲示があるが、臨海部はご覧のような春景色ー。
3カ月後の6月初旬には、道路の反対側をアジサイの花が薄紫や青、白、ピンクに彩り、全国から撮り鉄が駆けつける。
(熱海ネット新聞・松本洋二)


昨年6月

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る