【社寺】3000本の「まゆ玉」作りが完了 来宮神社の初詣準備は着々

新しい参集殿が年末に完成する来宮神社で25日、新年の縁起物「まゆ玉」作りがほぼ終わった。
縁起物「まゆ玉」は家内安全、商売繁盛をもたらすといわれる正月の飾りで、古来、熱海が養蚕が盛んだったことに由来する。
魔よけの色とされる紅を基調とした6色の玉を、萩の枝に丁寧に飾り付ける。大黒様や恵比寿様、小判、招き猫などの装飾品もつり下げ、稲穂が頭を垂れるような形に仕上げている。
巫女(みこ)らが交代で3000本のまゆ玉作りに励んできた。
同神社は例年以上の正月参拝客を見込んでおり、正月三が日で完売が予想される。価格は特大(1万円)、大(3000円)、中(2000円)。

ほかにも破魔矢、絵馬、お守りなど約5万点を用意し、初詣客を迎える。

まゆ2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    人気ユーチューバー佐藤ひとみさん、熱海市に30万円寄付 愛のサークルリンク

    コロナ禍などによる生活困窮者の食糧支援に取り組む一般財団法人愛のサークルリンク(佐藤ひとみ代表)は…
  2. 2021-1-18

    熱海市で高齢者男性1人がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は1月18日、熱海市に住む高齢の男性(熱海市83例目、県3876例目)の新型コロナウイルス感…
  3. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  4. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
ページ上部へ戻る