【経済】「湯~遊~バス」のラッピングが一新 uwabamiがデザイン

 

4月1日から新たにスタートする熱海市内名所めぐり「湯~遊~バス」のラッピングが一新されることになり、運行する伊豆東海バスは25日、そのデザイン画を公表した。

先の混流温泉文化祭で仲見世通り商店街の各店舗の窓ガラスに即興画を描き、人気を博したアートユニット「uwabami」(ムトウアキヒトさん&はらだかおるさん)にデザインを依頼、ご覧のようなラッピングを施した。31日にお披露目される。

同バスは今月で熱海市委託事業による運行を終了し、4月1日から伊豆山ラインをなくして運行(路線バスで対応)する。

フルラッピングを施した2台の専用バスを使い、ボランティアガイドも引き続き乗車して案内する。

(熱海ネット新聞)

 

 

ラッピングバス

 

 

uwabamiがデザインしたラッピング

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-5-26

    小山臨海公園に魂の鼓動、響く 南あたみ和太鼓まつりに6団体

    和太鼓を通じて、地域活性化活動を続ける「網代おやじの会」(聞間秀人会長)は5月26日、熱海市…
  2. 2019-5-26

    千歳川の河川清掃、1・5トンのゴミを回収 熱海市泉の3町内会など85人

    熱海市と泉地区の3町内会(泉中沢、泉五軒町、泉本区)は5月26日、神奈川県湯河原町の境界を流…
  3. 2019-5-26

    熱海鉄道同好会が「春の鉄道展」、新天皇ご即位を記念して「お召し列車」も

    「春の鉄道展」が5月25日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始まり、鉄道ファンや子…
  4. 2019-5-25

    湯浴び、勇壮な練り 泉公園でクライマックス/湯かけまつり神輿パレード

    温泉に感謝を込めて、沿道の人々が盛大に神輿に湯を掛ける第36回「湯かけまつり神輿パレード」が…
ページ上部へ戻る