【経済】お正月は熱海のオリジナル酒 純米酒「あたみ」の新酒はいかが

熱海小売酒販組合が、お正月に向けて純米酒「あたみ」の新酒の販売を始めた。

純米酒「あたみ」は、観光客から「熱海のお酒が飲みたい」というリクエストから誕生した日本酒で今年で5年目を迎えるオリジナル酒。伊豆産の酒米「アイチのかおり」を使い、富士山の湧き水を仕込み水とした原酒に、割水として熱海市の丹那の湧き水を加えたのが特徴。今年は富士錦酒造(静岡県芝川町)で一升瓶換算約3000本分を製造した。

◇種類 300ミリリットル入り、720ミリリットル入り、一升瓶の3種類。価格は720ミリリットル入りが化粧箱付きで1260円。

◇5周年記念 純米酒「あたみ」を熱海の酒店(21軒)で購入した人に応募券を配布。抽選で市内の旅館・ホテルで使える3万円分の宿泊券が5人、「あたみ」を使った洋菓子「ル・ポンシュ」のセットが55人にそれぞれ当たる。期間は来年1月16日まで。抽選は1月下旬に実施。賞品を当選者へ発送する。

atami

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-26

    緊急事態の全面解除で警戒 首都圏からの観光客が7〜8割の熱海市

    政府は5月25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が継続中だった北海道と首都圏の東…
  2. 2020-5-26

    熱海の病院職員のコロナ感染 濃厚接触者の外来患者、職員「全員陰性」

    静岡県は5月25日、前日公表した国際医療福祉大学熱海病院の男性職員(三島市)の新型コロナウイルス感…
  3. 2020-5-25

    来宮神社厄年奉賛会 6月1日授業再開の小中学生全員にマスク寄贈

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日-16日)で今年度、御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉…
  4. 2020-5-24

    国際医療福祉大学熱海病院の男性職員、新型コロナ感染 経路は不明

    静岡県は5月24日、熱海市の国際医療福祉大学熱海病院の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る