【経済】新理事長に目黒俊男氏(サンミ倶楽部) 熱海温泉ホテル旅館協同組合

熱海温泉ホテル旅館協同組合(加盟58軒)の新理事長に目黒俊男氏(65=ホテルサンミ倶楽部)の就任が決まった。

内田進理事長(古屋旅館)が11月1日に熱海商工会議所会頭に就いたことに伴い、同協同組合は12月24日に理事会を開き、後任理事長に目黒氏を全員一致で選出した。任期は理事長残任期間の2015年3月31日まで。副理事長などの人事は来年1月下旬の理事会で決める。

熱海の基幹産業であるホテル旅館の耐震補強対策、熱海駅前広場の整備事業などのかじ取りを託された。

◇目黒俊男氏 山口県萩市出身。法大工学部建築学科卒。建設会社を経て1999年にホテルサンミ倶楽部社長就任。

◇内田進前理事長 2006年4月1日に理事長に就任。商工会議所会頭に専念するため、4期途中で退任。

内田 目黒

右から2人目が目黒新理事長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-3

    標高500mで凛と咲く…姫の沢公園で水仙が見頃 本格的な春の訪れ 

    熱海市の姫の沢公園公園でひときわ目立つ黄色い水仙(スイセン)や鈴蘭(スズラン)のような白い…
  2. 2021-3-3

    熱海市で新たに1人がコロナ感染、高齢でない成人男性 3月3日

    静岡県は3月3日、熱海市に住む高齢でない成人男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱…
  3. 2021-3-3

    3月9、10日に市議会「一般質問」 副市長2人制やコロナ諸問題で論戦 

    熱海市議会2月定例会は3月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と高橋幸雄氏を除く…
  4. 2021-3-3

    熱海市長の施政方針 「ピンチをチャンスに変え、反転攻勢に向けた施策」全掲

    熱海市は市議会2月定例会に180億300万円の新年度一般会計当初予算案を上程した。市長は「回復から…
ページ上部へ戻る