【経済】昨年の熱海市の宿泊・休憩客は8%増の266万1236人 伊豆山が30%増加 

 

熱海市は2月末の会見で、2013年の宿泊客数を割り出す基準となる入湯税の課税状況を公表した。
年間の課税者数(宿泊と休憩の合計)は266万1236人で12年に比べ19万886人、7・73%増加。課税額は3億9918万5400円(対12年比7・73%増)だった。

地区別に見ると熱海が206万5494人(同5・72%増)、伊豆山32万3164人(同30・25%増)、泉10万9537人(同2・52%増)、南熱海16万3041人(同0・8%増)。伊豆山地区が大幅に伸びたのは、新規開設の施設によるものとみられる。
施設別では旅館・ホテルが226万6194人(同9・22%増)と好調だったのに対し、寮・保養所は39万5042人(同0・1%減)とほぼ前年並みにとどまった。

入湯税は温泉利用者に課せられ、熱海市は入湯税の課税人数をもとに宿泊客数を割り出している。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る