【編集室】3月3日はひな祭り いえいえ熱海では「家康の来熱記念日」です

 

日本全国がひな祭りに沸いた3日、熱海ではあたみ桜が葉桜に姿を変えた糸川にかかる橋や川沿い遊歩道の清掃が行われました。

なぜこの日に清掃かというと、徳川家康が湯治のため熱海温泉を訪れたのが、慶長9年(1604年)3月3日。この史実に基づいて、「家康来熱400年委員会」(二見康一委員長)の皆さんが、06年から毎年この日に「橋洗い」という名称の清掃を実施しているのです。

 

芹沢書店のはす向かいの「御成橋」の名は、家康が熱海に御成りになったことに由来しており、橋には家康が詠んだとされる「春の夜の夢さへ波の枕哉(かな)」の句が刻まれています。

 

「橋洗い」には熱海ワイズメンズクラブのメンバーや糸川周辺の町内会人たちも参加。御成橋から浜町観光通りの桜橋までの川にかかる橋の欄干を磨き、遊歩道を掃き清めました。
普段、何気なく通っている橋にも歴史あり。熱海のおもてなし文化の奥深さを改めて知らされた1日でした。

(編集主幹・松本洋二)

IMAG3179-1

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る