【花】台湾緋桜と入れ替わって垂れ桜が見ごろ 伊豆山神社

 

伊豆山神社の一重の垂れ桜が見ごろを迎え、境内は春爛漫だ。

これまで台湾緋桜(別名・ちょうちん桜)が満開で濃い紅紫色の桜花が参拝者や市民を楽しませていたが、昨日の強風で多くの花が散ってしまった。入れ替わるように枝垂れ桜が見ごろを迎え、日本の桜は奥が深い。

また30日は同神社参集殿で「伊豆山の神さまのひみつ」と題した「お話の会」が開かれ、昭和女子大非常勤講師の阿部美香さんが、伊豆山神社に伝わる「走湯山縁起」「走湯山秘訣」の中から神話伝承の世界を紹介した。

(熱海ネット新聞)

 

 

DSC_7376ss

一重の垂れ桜 伊豆山

一重の垂れ桜

 

DSC_7264ssp

満開時の台湾緋桜

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
  2. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  3. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
  4. 2021-1-22

    熱海市で高齢でない女性がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との接触/1月22日

    静岡県は1月22日、熱海市に住む高齢でない成人の女性(熱海市68例目、県4101例目)の新型コロナ…
ページ上部へ戻る