【花】台湾緋桜と入れ替わって垂れ桜が見ごろ 伊豆山神社

 

伊豆山神社の一重の垂れ桜が見ごろを迎え、境内は春爛漫だ。

これまで台湾緋桜(別名・ちょうちん桜)が満開で濃い紅紫色の桜花が参拝者や市民を楽しませていたが、昨日の強風で多くの花が散ってしまった。入れ替わるように枝垂れ桜が見ごろを迎え、日本の桜は奥が深い。

また30日は同神社参集殿で「伊豆山の神さまのひみつ」と題した「お話の会」が開かれ、昭和女子大非常勤講師の阿部美香さんが、伊豆山神社に伝わる「走湯山縁起」「走湯山秘訣」の中から神話伝承の世界を紹介した。

(熱海ネット新聞)

 

 

DSC_7376ss

一重の垂れ桜 伊豆山

一重の垂れ桜

 

DSC_7264ssp

満開時の台湾緋桜

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-29

    国道135号線、26日ぶりに開通 神奈川県境と熱海市間 伊豆山土石流で

    今月3日に起きた熱海市伊豆山の土石流災害で神奈川県境と熱海市東海岸区間の一部が不通になった国道13…
  2. 2021-7-29

    Jリーガーが支援の輪 土石流被災の子供たちに応援リュックサック届く 

    土石流で大きな被害を受けた熱海市の伊豆山地区の子どもたちを元気づけようと、熱海市伊豆山の介護ケアタ…
  3. 2021-7-28

    熱海市で新たに高齢でない成人がコロナ感染 市152例目 感染が再拡大

    静岡県は7月28日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-7-28

    22人目の遺体は坂本光正さん、一昨年の「伊豆山神社厄年奉賛会」役員

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市は7月28日、前日に般若院の近くで見つかった遺体の身元が…
ページ上部へ戻る