【花】台湾緋桜と入れ替わって垂れ桜が見ごろ 伊豆山神社

 

伊豆山神社の一重の垂れ桜が見ごろを迎え、境内は春爛漫だ。

これまで台湾緋桜(別名・ちょうちん桜)が満開で濃い紅紫色の桜花が参拝者や市民を楽しませていたが、昨日の強風で多くの花が散ってしまった。入れ替わるように枝垂れ桜が見ごろを迎え、日本の桜は奥が深い。

また30日は同神社参集殿で「伊豆山の神さまのひみつ」と題した「お話の会」が開かれ、昭和女子大非常勤講師の阿部美香さんが、伊豆山神社に伝わる「走湯山縁起」「走湯山秘訣」の中から神話伝承の世界を紹介した。

(熱海ネット新聞)

 

 

DSC_7376ss

一重の垂れ桜 伊豆山

一重の垂れ桜

 

DSC_7264ssp

満開時の台湾緋桜

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-8-22

    【県民の日】MOA美術館でアート三昧、北斎「冨獄三十六景」&「光琳屋敷」

    8月21日は明治9年に当時の静岡県と浜松県が合併して今の静岡県になっ…
  2. 2017-8-21

    【観光】頼朝公の武運にあやかれ! 伊豆山温泉で「さざえ祭り」開幕 

    伊豆山温泉の夏の風物詩「さざえ祭り&花火大会」が8月21日始まり、最後の…
  3. 2017-8-21

    【観光】残り少ない夏休み満喫、3万5千人が夜空見上げる 人、ヒト、ひと

    夏季熱海海上花火大会の第6弾が8月20日、熱海湾であり、3万5千人の人出でにぎわった。熱海サンビ…
  4. 2017-8-20

    【編集室】来春から「DCキャンペーン」スタート、ガイドの養成も着々

    熱海市は8月19日、まち歩きガイド養成講座(全8回)の実地研修を行った。「熱…
ページ上部へ戻る