【花】小雪のような「鈴蘭水仙(スノーフレーク)」が見頃 姫の沢公園

 

姫の沢公園で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水仙(スノーフレーク)」が見頃を迎えている。

スズランよろしく30〜40センチの花茎に釣り鐘状の花を4〜8個下向きに咲かせ、花弁の先端には緑の斑点がある。
園内のスイセン園に植えられている。

ヒガンバナ科の球根草で和名はオオマツユキソウ(大待雪草)。スノーフレーク(小雪のかたまり)が学名だが、スズランスイセン(鈴蘭水仙)の名でも知られる。

(熱海ネット新聞)

 

DSC_8227ssp

DSC_8219ssp (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-19

    秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

    9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱…
  2. 2020-9-18

    菅内閣、国土交通副大臣に岩井茂樹氏 内閣府副大臣と復興副大臣を兼務

    政府は9月18日の閣議で、菅内閣発足に伴う副大臣と政務官の人事を決めた。副大臣人事では、国土交通副…
  3. 2020-9-18

    熱海市民向け宿泊プラン 神奈川・静岡県民も対象に 宿泊5千円補助

    川口健市議 熱海市は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急経済対策として独自に実施していた…
  4. 2020-9-18

    熱海市のコロナ感染者比率県内トップ 人口10万人に置き換えと106人

    杉山利勝市議 熱海市議会9月定例会の一般質問が9月17日始まり、各議員から新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る