【まちづくり】GWに合わせマリーゴールドを植裁 渚小公園

 

ゴールデンウィークに熱海を訪れる観光客や熱海出身者をもてなそうと、市が募集した市民ボランティア5人と市職員3人が23日、渚小公園で植栽活動を行った。

 

同ボランティアは四季を通じて花がみられる街を目指す市の「花の街づくり計画」に基づき、渚小公園で春、秋の年2回植裁を行うのに加え、毎月第2、第4週の水曜日に花壇の手入れを続けている。
春の植裁となった今回は元々植えられていた赤いガーデンシクラメンを端に寄せ、オレンジと黄色のマリーゴールドをそれぞれ115株を手際よく植えた。このマリーゴールドは夏まで楽しめるという。

 

公園内の児童用ブランコ前には、市の予算の関係で同ボランティアが自主植裁したピンクのゼラニウムが咲き、子供連れの市民や観光客に憩いの場を提供している。

 

(熱海ネット新聞)

 

DSCN2897

マリーゴールドを植栽するボランティア

 

ゼラニウム

市民ボランティアが自主植裁したゼラニウム花壇

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
  2. 2020-7-7

    新社長に富岡篤美氏 エフエム熱海湯河原 多賀・網代の難聴地区解消へ

    熱海市の「エフエム熱海湯河原」はこのほど、定時株主総会・取締役会を開き、役員改選で市内下多賀の旅館…
  3. 2020-7-5

    小池知事「都民は他県への移動遠慮を」静岡県「見えない感染者」警戒

    東京都で新型コロナウイルスの感染者が3日連続で100人を超えたのを受け、小池百合子知事は7月4日、…
  4. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
ページ上部へ戻る