【芸術】新聞紙ドレスのゲリラパフォーマンスに熱海中がビックリ仰天 「混流温泉文化祭」デモ

 

 

新聞紙で作ったドレスを身にまとった女性2人が18日、熱海駅から咲見町商店街、市役所、糸川遊歩道などでパフォーマンスを繰り広げ、市民や観光客を驚かせた。
米子市在住の翻訳家兼デザイナーの波形理世さん(28)と静岡県舞台芸術センタースタッフの谷口裕子さん(27)で、ユニット名は「happy unbirthday」(ハッピーアンバースデー)。二人は東大大学院で建築デザインの研究経験を持つ才媛。

 

 

来月3月8日から熱海で開催される「混流温泉文化祭」のデモンストレーションのようで、同祭で実行委員長を務める戸井田雄さん(武蔵野美術大学非常勤講師)は「ゲリラパフォーマンスで熱海市民の反応を確かめたかったのではないか」と話している。

 

ドレスには1着約2週間分の新聞紙を費やした。

 

(編集主幹・松本洋二)

 

 

【写真】珈琲専科「讃」羽田剛さん撮影

 

 

DSC_4815ss

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る