【芸術】新聞紙ドレスのゲリラパフォーマンスに熱海中がビックリ仰天 「混流温泉文化祭」デモ

 

 

新聞紙で作ったドレスを身にまとった女性2人が18日、熱海駅から咲見町商店街、市役所、糸川遊歩道などでパフォーマンスを繰り広げ、市民や観光客を驚かせた。
米子市在住の翻訳家兼デザイナーの波形理世さん(28)と静岡県舞台芸術センタースタッフの谷口裕子さん(27)で、ユニット名は「happy unbirthday」(ハッピーアンバースデー)。二人は東大大学院で建築デザインの研究経験を持つ才媛。

 

 

来月3月8日から熱海で開催される「混流温泉文化祭」のデモンストレーションのようで、同祭で実行委員長を務める戸井田雄さん(武蔵野美術大学非常勤講師)は「ゲリラパフォーマンスで熱海市民の反応を確かめたかったのではないか」と話している。

 

ドレスには1着約2週間分の新聞紙を費やした。

 

(編集主幹・松本洋二)

 

 

【写真】珈琲専科「讃」羽田剛さん撮影

 

 

DSC_4815ss

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-8-23

    【市政】まちづくり審議会、5年ぶりに発足 委員7人に委託状を交付

    第7回熱海市まちづくり審議会が8月22日、市役所で開かれ、齊藤栄市長が委員7人に委託状を…
  2. 2017-8-23

    【社会】湯河原町で女性はね、重傷負わす 運転していた熱海市職員逮捕 

    小田原署は8月21日、過失運転致傷の容疑で神奈川県湯河原町に住む熱海市職員の男性室長(43)を現行犯…
  3. 2017-8-23

    【観光】「縁結び花火」でさざえ祭りが幕 金と銀のナイアガラ、伊豆山彩る

    晩夏の熱海の風物詩「さざえ祭り&花火大会」最終日の8月2…
  4. 2017-8-22

    【県民の日】MOA美術館でアート三昧、北斎「冨獄三十六景」&「光琳屋敷」

    8月21日は明治9年に当時の静岡県と浜松県が合併して今の静岡県になっ…
ページ上部へ戻る