【芸術】新聞紙ドレスのゲリラパフォーマンスに熱海中がビックリ仰天 「混流温泉文化祭」デモ

 

 

新聞紙で作ったドレスを身にまとった女性2人が18日、熱海駅から咲見町商店街、市役所、糸川遊歩道などでパフォーマンスを繰り広げ、市民や観光客を驚かせた。
米子市在住の翻訳家兼デザイナーの波形理世さん(28)と静岡県舞台芸術センタースタッフの谷口裕子さん(27)で、ユニット名は「happy unbirthday」(ハッピーアンバースデー)。二人は東大大学院で建築デザインの研究経験を持つ才媛。

 

 

来月3月8日から熱海で開催される「混流温泉文化祭」のデモンストレーションのようで、同祭で実行委員長を務める戸井田雄さん(武蔵野美術大学非常勤講師)は「ゲリラパフォーマンスで熱海市民の反応を確かめたかったのではないか」と話している。

 

ドレスには1着約2週間分の新聞紙を費やした。

 

(編集主幹・松本洋二)

 

 

【写真】珈琲専科「讃」羽田剛さん撮影

 

 

DSC_4815ss

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る