【観光】「ホタルの観賞の夕べ」へ向けゲンジボタルの幼虫を放流 熱海梅園

 

熱海市観光協会は24日、熱海梅園を流れる初川支流の「ほたる川」にゲンジボタルの幼虫1500匹を放流した。

梅園町の子供たち15人が姫の沢公園の飼育室で育てられた体長2、3センチの幼虫を手のひらに載せ、「蛍ちゃん、大きくなあれ」の願いを込めて浅瀬に放った。今週中に計5000匹を放流する。

 
熱海梅園では毎年、幻想的な光の舞いを楽しむ「ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日~15日)が開かれ、多くの市民、観光客が心待ちしている。
幼虫は4月上・中旬に水路から陸に上がって地中でサナギとなり、5月下旬から6月中旬にかけて羽化して夜間飛び交う。

(編集主幹・松本洋二)

 

 

 

 

ほたる放流

ホタルを放流する梅園子供会のこどもたち

 

取材ほたる

取材陣も多数駆け付けた

 

 

ゲンジほたる

ゲンジボタルの幼虫                        T

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
  2. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  3. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  4. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
ページ上部へ戻る