【観光】梅の女王85人の応募者から20人に絞る 1次審査会

「第28回ミス熱海梅の女王コンテスト」(熱海市観光協会主催)の1次審査が8日、熱海商工会議所で行われ、85人の応募者の中から本選に進む20人を決めた。静岡県内をはじめ東京、神奈川、千葉、埼玉の各1都4県在住・在学者を対象に公募、応募者総数は前回を59人下回る85人だった。

1次審査は書類と写真による選考で、熱海市観光協会の森田金清会長をはじめ熱海温泉ホテル旅館協同組合、熱海芸妓置屋連合組合、行政、商工関係者ら12人が「梅や桜をイメージさせる可憐(かれん)で清楚(せいそ)で健康的な女性」という基準を踏まえて選考した。最終審査は11月23日にMOA美術館で行われる。

◆ミス熱海梅の女王コンテスト 熱海温泉の観光PRの「顔」となる女性を選ぶコンテスト。1978年にスタートし、98年以降は2009年度を除き隔年開催。

選考会

履歴書

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-28

    熱海市の錦ケ浦の海岸に男性の身元不明遺体 自殺、事件、事故の可能性 

    熱海市の錦ケ浦の崖地の数十メートル下の岩場で10月27日、海に浮いている下着姿の男性の遺体が見つか…
  2. 2020-10-28

    飛龍高3年の武井(熱海中出身)大相撲入り 伊勢ケ浜部屋に入門

    熱海中出身で飛龍高(旧沼津学園)相撲部3年の武井朔太郎くん(18)=熱海市梅花町=が大相撲の伊勢ケ…
  3. 2020-10-27

    コロナと症状同じで混乱 熱海保健所管内でインフル患者 県内で今季初 

    コロナと症状が似ているインフルエンザの流行が予想される中、熱海保健所管内でインフルエンザの患者が確…
  4. 2020-10-27

    旧サンクリノ美術館、コワーキングスペースで復活 県幹部が施設視察

    静岡県は10月26日、新型コロナの影響で広まりつつあるテレワークをしながら休暇を楽しむワー…
ページ上部へ戻る