【議会】24日から2月定例市議会 否決された駅前広場整備の改正案などを再提出

熱海市議会は17日、市役所で議会運営委員会を開き、2月定例会の会期を24日から3月14日までの19日間と決めた。
市は初日24日の本会議に、2014年度各会計予算案、13年度各会計補正予算案、国保税条例の一部改正案など41案件を提出する。

 

昨年の11月議会で否決された駅前広場条例の一部改正案、熱海市観光協会と熱海市振興公社を合併してあたみ観光局を設立することへの説明不足などから紛糾し、最終日に市が撤回した姫の沢公園と姫の沢自然の家の指定管理者を特命で振興公社に指名する2議案も再提出する。

 

(熱海ネット新聞)

 

 

議運
一般質問は3月6、7日。付託委員会は10日に広域行政推進特別と庁舎建設等特別、11日に観光建設公営企業、12日に総務福祉教育を予定している。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-3-28

    ブルネイ30億円マネーで「市民ホール建設」 村山憲三氏が決意表明

    任期満了に伴う熱海市議選(4月16日告示、23日投開票)に出馬を予定している無所属で現職の村…
  2. 2023-3-27

    ノーモア災害 体を張って市民の安心安全守る 稲村千尋氏が決意表明

    熱海市議選(4月16日告示、23日投開票)に出馬を予定している現職・稲村千尋氏(71、自民)…
  3. 2023-3-24

    杉山恭平氏、子育て世代支援を代表して「教育と人材育成」

    熱海市議選(4月16日告示、23日投開票)に出馬を予定している自民党の現職・杉山恭平氏(42…
  4. 2023-3-24

    部長級の交替はなし 2023年度熱海市人事異動174人リスト

    熱海市は3月23日、2023年(令和5年)度職員の定期人事異動を内示した。発令は4月1日付。昇任は課…
ページ上部へ戻る