【野球】熱海・小嵐中1-3天理(奈良) 全日本少年春季軟式野球大会

 

第5回全日本少年春季軟式野球大会は22日、1回戦16試合を行い、熱海・小嵐中の野球部合同チームは清水庵原球場(静岡市)で奈良県1位、近畿2位の強豪天理中(奈良)と対戦、1-3で惜敗した。

 

スタンドには熱海中の吹奏楽部が陣取り、バス3台でかけつけたおよそ100人の生徒・父兄らが選手たちを応援。最後まで新生熱海ナインを励まし続けたが、関西屈指の好投手、天理中・菊田投手を攻略できず、全国大会の初戦突破はかなわなかった。

 

打線は全国大会初出場の気負いもあり、実力を十分に発揮できなかったが、エース吉田は被安打3ながら要所を抑え、全国レベルの実力を証明した。

(熱海ネット新聞)

 

天理 002100  3

熱海 001000  1

 

 

応援団

熱海・小嵐中の応援席 

 

【評】熱海・小嵐は3回表、失策と野選で先制された。これで先発吉田の制球が乱れ、押し出し死球で2点目。

その裏、2四球を足掛かりに2死二、三塁と攻め、牽制悪送球の間に三塁走者が生還。三塁を狙った二塁走者は封殺され、同点機を逃した。

4回表に四球の走者を右前適時打で返され、3点目。打線は天理中の菊田投手に無安打に封じられ、初戦敗退が決まった。

エース吉田は被安打3ながら要所を抑え、関西屈指の好投手と互角に投げ合い、全国レベルの実力を証明した。

野手陣は初の全国大会出場の固さが目立ち、守備に乱れが出た。この経験が生かせば県の頂点は狙える。

(編集主幹・松本洋二)

 

 

 

投手

吉田玲太投手(熱海中)

 

 

打者

深沢 郁外野手(熱海中)

 

【写真】深澤良さん撮影

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-8-22

    【県民の日】MOA美術館でアート三昧、北斎「冨獄三十六景」&「光琳屋敷」

    8月21日は明治9年に当時の静岡県と浜松県が合併して今の静岡県になっ…
  2. 2017-8-21

    【観光】頼朝公の武運にあやかれ! 伊豆山温泉で「さざえ祭り」開幕 

    伊豆山温泉の夏の風物詩「さざえ祭り&花火大会」が8月21日始まり、最後の…
  3. 2017-8-21

    【観光】残り少ない夏休み満喫、3万5千人が夜空見上げる 人、ヒト、ひと

    夏季熱海海上花火大会の第6弾が8月20日、熱海湾であり、3万5千人の人出でにぎわった。熱海サンビ…
  4. 2017-8-20

    【編集室】来春から「DCキャンペーン」スタート、ガイドの養成も着々

    熱海市は8月19日、まち歩きガイド養成講座(全8回)の実地研修を行った。「熱…
ページ上部へ戻る