【閉校式】小嵐中学校が60年の歴史に幕 校旗返上、最後の校歌に涙

 

 

熱海中学校との統合が決まり、60年の歴史に幕を下ろす小嵐中学校で20日、閉校式があった。
閉校式には今年の卒業生も含め生徒142人と保護者ら200人が参加した。小嵐中学校は昭和28年に開校。一時は600人近くの生徒がいたが、少子化の影響で、4分の1以下まで減少し、統合が決まった。卒業生は7593人。

 

斉藤栄市長は「人口減や少子化の影響などからやむなく未来を担う子どもたちの将来と環境を考えて学校の統合を決めた。小嵐中学校の輝かしい栄光と歴史に敬意を表し、新しい学校で新たな歴史を刻んでいってほしい」とあいさつ。

 

雲野芳尚l校長が原英之教育委員長に校旗を返し、出席者全員で校歌を斉唱すると、多くのOB、OGが涙ぐんだ。
小嵐中学校の生徒は新年度から新しく開校する5キロほど離れた新生「熱海中学校」に通う。

(熱海ネット新聞)

 

 

校旗返還

校旗の返還

 

 

演奏

吹奏楽部のお別れの演奏

 

校歌

校歌

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  2. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  3. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  4. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
ページ上部へ戻る