【閉校式】小嵐中学校が60年の歴史に幕 校旗返上、最後の校歌に涙

 

 

熱海中学校との統合が決まり、60年の歴史に幕を下ろす小嵐中学校で20日、閉校式があった。
閉校式には今年の卒業生も含め生徒142人と保護者ら200人が参加した。小嵐中学校は昭和28年に開校。一時は600人近くの生徒がいたが、少子化の影響で、4分の1以下まで減少し、統合が決まった。卒業生は7593人。

 

斉藤栄市長は「人口減や少子化の影響などからやむなく未来を担う子どもたちの将来と環境を考えて学校の統合を決めた。小嵐中学校の輝かしい栄光と歴史に敬意を表し、新しい学校で新たな歴史を刻んでいってほしい」とあいさつ。

 

雲野芳尚l校長が原英之教育委員長に校旗を返し、出席者全員で校歌を斉唱すると、多くのOB、OGが涙ぐんだ。
小嵐中学校の生徒は新年度から新しく開校する5キロほど離れた新生「熱海中学校」に通う。

(熱海ネット新聞)

 

 

校旗返還

校旗の返還

 

 

演奏

吹奏楽部のお別れの演奏

 

校歌

校歌

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る