【市政】今年も人気、寄贈カレンダーの無料配布 1人3点まで持ち帰りOK

カレンダーの入手が困難な高齢者や市民に無料で配布する「ニューイヤー・カレンダー・リサイクルフェア」が5日、熱海市総合福祉センターで開かれた。今年は市と県をはじめ、民間事業者、建設業組合、市民などから一般カレンダー、日めくり、一枚物、卓上、手帳類の1255点の2016年版カレンダーが同センターに寄せられた。来場者は1人3点まで好みのカレンダーを選んで持ち帰った。
今年で18回目の人気フェア。開場の午前10時に希望者が列を作ったことから、入場整理券を配り、30人ずつの入場制限を実施。終了の午後3時までに244人が訪れ、914点を再利用した。残りは同センターで希望者に配布する。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る