【花】サクラと紅葉、姫の沢公園で「競演」 熱海の秋景色

姫の沢公園で春と秋に白い花を咲かせるコブクザクラが開花した。八重咲きの白い花弁をしていて1つの花に1~3個の果実を付けることから「子福桜」の名が付いた。青空によく映え、この花の周辺は春のような雰囲気に包まれている。
同公園は標高450~740メートルにあり、朝晩の冷え込みでケヤキやカエデが紅色や黄色に色付き始め、サクラと紅葉の共演が訪れた市民や観光客を楽しませている。
写真=10月27日午前撮影

秋空 アップ 紅葉1 紅葉2 紅葉3

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    ジャカランダ 中止となったフェス開幕日、ひっそりと青紫に染めあげる

    本来なら「ATAMIジャカランダフェスティバル」(6月6日〜21日、熱海市観光協会主催)の…
  2. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度の祭典委員会(福井敏幸委員長…
  3. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  4. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
ページ上部へ戻る