【天体】あっ、ペルセウス座流星群! 本紙が熱海で撮影に成功 

毎年多くの多くの流れ星が見られる「ペルセウス座流星群」が、12日夜から14日未明にかけ見ごろとなる情報をキャッチ。国立天文台によれば、14日が新月にあたるため、撮影には絶好のチャンスだという。本紙は12日夜、北東の夜空に上るペルセウス座付近を徹夜で観測した。午前2時20分ごろ、熱海駅近くのビルの谷間で流れ星を発見。写真撮影に成功した。月明かりの影響がなかったことで肉眼でもくっきり見て取れた。撮影開始から2時間の激写だった。
(本紙天体取材班)

IMG_6506ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-15

    今年も絶景パノラマ MOA美術館「水晶殿」 色鮮やかなツツジ、美を誇る

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  2. 2021-4-15

    伊豆山神社例大祭 2年連続で神事だけ 石段下り、神輿渡御は中止

    熱海市の伊豆山神社例大祭の本祭が4月15日午前、同神社で斎行された。新型コロナウイルスの感…
  3. 2021-4-14

    熱海市で今年最高の23•8度 低気圧が通過し、6月上旬並みの気温

    関東や東海は4月14日、低気圧が通過したため、気温が上昇した。気象庁のデータによると、静岡市(駿河…
  4. 2021-4-14

    静岡知事選で自民県連、岩井茂樹参院議員擁立へ 川勝氏との事実上「一騎打ち」

    任期満了に伴う静岡県知事選(6月3日告示、20日投開票)で、独自候補の擁立を目指していた自民党静岡…
ページ上部へ戻る