【スポーツ】多賀小に春、ミニバスで「スプラッシュスターズ」優勝、4年ぶり2度目

ミニバスケットボールの第6回「網代温泉マリンカップ」が20日、南熱海マリンホールで行われ、熱海市のスプラッシュスターズ(須川洋監督)が第2回大会以来2度目の優勝を果たし、川口健網代温泉観光協会会長から優勝カップが贈られた。スプラッシュスターズは準決勝の向田ジャンプスミニバス(神奈川県南足柄市)戦を59-28と危なげなく決勝へ駒を進め、決勝戦では鳥沢ミニバス(山梨県大月市)に51-44で競り勝った。
ミニバスの網代温泉マリンカップは熱海市のバスケットボールの技術を向上させようと、12歳以下の選手を集めた下多賀のスプラッシュスターズが主催する大会。今年は県内外から8チーム100選手が参加して網代温泉マリンカップを競った。 第4回大会までは男女の2日間開催だったが、少子化の影響で5回大会から女子だけの1日開催になった。
◆スプラッシュスターズ 多賀小学校の女子児童を中心に毎週月、金、土、日の午後7時から2時間練習。入部希望者は須川洋代表へ☎090-7851-0984へ

【成績】
・優勝 スプラッシュスターズ(熱海市)=4番高杉こころ、5番山本たから、6番加藤七海、7番村上茜、8番小川華凛、9番鈴木舞衣(以上多賀小6年)、10番松本未来、11番飯尾菜心、12番日吉和美、13番石川柚瑠、(以上多賀小4年)14番星野凛(第二小4年)
・2位 鳥沢ミニバス(山梨県大月市)
・3位 東富水(小田原市)
・4位 向田ジャンプスミニバス(神奈川県南足柄市)
・参加チーム
イースターズ(秦野市)、富岡ミニバス(裾野市)、マーレスポーツクラブ(伊東市)、ブルーウィングス(小田原市)

トップ2 IMG_9698ss 父兄 クラッシュスターズ須川洋監督川口カップ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-5

    熱海市でさらに2人コロナ感染 1人は県外通勤者 クラスターとは無関係

    静岡県は8月5日、熱海市内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。ともにクラスターが…
  2. 2020-8-5

    熱海市、接客業従業員のPCR検査8割助成 店名公表は協力金10万円支給

    新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、熱海市は8月5日、飲食店や宿泊施設、タクシーなど接客に…
  3. 2020-8-5

    【お悔やみ】山田チエさん(熱海市西熱海町)8月3日死去

    山田チエさん(やまだ・チエ)8月3日死去、98歳。熱海市西熱海町。出棺7日午前11時、熱海葬祭中央…
  4. 2020-8-4

    コロナ陰性の音楽カフェ利用者、1週間後に「陽性」 クラスター計13人

    陰性だった熱海市住人が1週間後に「陽性」判明ー。静岡県は8月4日、クラスター(感染者集団)が発生し…
ページ上部へ戻る