【環境】ダイバー19人が海中清掃 熱海港海釣り施設

 

日本釣振興会とボランティアのダイバー19人が27日、熱海港海釣り施設の海底清掃を行った。釣り場と海面を垂直に結ぶ非常用ラダ―梯子に付着したカキなどをハンマーやナイフを使って削り取る作業で、不慮の事故などで釣り人が海に転落した場合、救出に欠かせない梯子の破損点検と補修が目的。

熱海港を2隻の船で海釣り施設に向かったダイバーたちは酸素ボンベを背負い、梯子の清掃後は海底まで潜り、不法投棄された缶類や鉄くずなどを拾う作業も2時間にわたって実施。市職員、NPO法人SEA WEB(安田和彦理事長=熱海港海釣り施設)など総勢40人が参加した。

この日は釣り客100人を含め、同行家族など200人ほどが海釣りを楽しんだが、海の奉仕者たちの真摯な作業を敬意をもって見守った。

(熱海ネット新聞)

 

梯子の貝

海釣り施設

安田

作業を見守る安田理事長

缶

収集した缶や鉄くず

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-27

    熱海市の新規コロナ感染者22人 県内では過去最多を3日連続更新=1月27日

    静岡県と熱海市は1月27日、熱海市で22人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  2. 2022-1-27

    「まん延防止」適用の酒類販売と時短、30日までは準備期間で通常営業

    新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の適用を受け、静岡県はきょう1月27日から人流抑制のため飲食店…
  3. 2022-1-27

    熱海市内の小学校児童と保育園児がコロナ感染 学年及びクラス閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月27日、市内の小学校1校の児童1人と保育園1園の園児1人の新型コロナウイルスの…
  4. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 きょう27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
ページ上部へ戻る